単純移動平均を3本使ったトレードの改良-終-

公開日:  最終更新日:2014/06/24

前回はADXを使用して仕掛けを改良し、損失を抑えることに成功しました。

今回はADXを使用して手仕舞いのルールを改良しようと思っていましたが・・・どうもうまくいきません(^^;)

色々と試してみたのですが悪くなるばかり。

利益が最大になるように手仕舞い用の単純移動平均を最適化しているので、これ以上手の加えようが無いのかもしれません。

手仕舞いの改良は諦めます…

次に他の通貨ペアでバックテストを行いました。

良い順番に並べるとこんな感じです。(米ドル以外は対米ドル)

ユーロ>ポンド>豪ドル>NZドル>米ドル(円)

 

いずれの通貨ペアでも5年間のバックテストで利益を出していますが、ユーロ/米ドルが最も良い結果となっています。

他の通貨でこのルールを適用する場合にはパラメータは変更した方が良いでしょう。

(※4-18-30日でもポンドや豪ドルでは利益が出ていました。)

 

これで単純移動平均を3本使ったトレード関する検証を終わりたいと思います。

単純移動平均ではなく、指数移動平均を使っても良いでしょう。(反応の早い指数移動平均で手仕舞い、仕掛けは単純移動平均で。というルールでも良い結果が出るかも知れません。)

 

次回は趣向を少し変えて「他の人が作ったEA(自動トレードシステム)」について調査・検証してみたいと思っています。

 

そではまた。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑