トレーディングシステムで使われている手法のベスト5

公開日:  最終更新日:2014/06/24

 

【トレーディングシステムで使われている手法のベスト5】

1.ドンチャン・チャネル・ブレイクアウト

2.移動平均のクロスオーバー

3.短期のボラティリティに基づくオープニング・レンジ・ブレイクアウト

4.S&Pのデイトレード

5.パターン認識

 

以上が「究極のトレーディングガイド」に書かれている内容です。

「な~んだ・・・」という方も多いかと思いますが・・・。

 

ドンチャン・チャネル・ブレイクアウトについては以前検証済みで、FXでも有効と僕は判断しています。

ちなみに、この手法に対する反論を僕は聞いたことがありません。(※十分な資金がある、という前提が必要ですが)

 

<emija検証記事>

ドンチャン・ブレイクアウト戦略の検証-序-

ドンチャン・ブレイクアウト戦略の検証-改-

 

また、移動平均のクロスオーバーについては、反応が遅いのでトレンドが続いてくれないと上手くいきません。

(幾つかの著書では移動平均のクロスは使えないと書かれている方もいます。著名な投機家ラリー・ウィリアムズもその一人だったはず。。)

しかし、「長いトレンドが続きやすい為替市場では有効」と僕は考えています。

<emija検証記事>

※検証記事が多いので右上の検索ボックスから 移動平均 とか入れて検索してください。。。

 

オープニングレンジブレイクアウトは未検証ですが、ちょっと調べた感じではFXでも有効のようです。

今後、検証していきたいと思います。

 

S&Pデイトレードはわかりません。(FXでないので(今のところ)興味ありません(笑))

 

最後のパターン認識はチャートのパターンや形による方法です。

ローソク足の形(下ヒゲが長いとか、なんとか)もこれに入ります。

なお、究極のトレーディングガイドでは、ローソク足ではなく他の方法で検証しているので、こちらについても今後検証していきます。

 

というわけで、今後は

・ORB(オープニング・レンジ・ブレイクアウト)

・パターン認識

を検証していきます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑