オープニング・レンジ・ブレイクアウト 1時間足検証2

   2014/06/24

前回に引き続き、1時間足でのオープニングレンジブレイクアウトの検証をしていきます。

※トレードルールは「オープニング・レンジ・ブレイクアウトの検証」をご覧ください。

 

まずは「2本前の終値と1本前の終値を比較し、1本前の終値が高ければ売りやすい、安ければ買いやすい」というルールが有効かどうか調査します。

最初に買いやすいかどうかは関係なく、買いの逆指値を仕掛けてみました。

期間:2010/1/1~2012/1/1  通貨ペア:ユーロ/米ドル

EURUSD2Y_NotSignal

いまいちですね(^^;)

 

次に、「買いやすい」場合のみ買いの逆指値を仕掛けてみました。

EURUSD2Y_SignalBuy

 

・・・・・まったく関係ないようです(^^;)

 

このルールでは日足を超えるようなパフォーマンスは出ないのではないか、と思います(諦めました・・・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。