形状比較分析(形状予想)ツールの検証開始:週予測

   2014/06/24

 

今日から、形状比較分析とか形状予想などと呼ばれている「過去のチャートから現在のチャートに近いものを検出して、未来の値動きを予想する」ツールをバイナリーオプションに適用しながら精度を検証していきます。(検証に時間かかりそうなので暫く続くと思います)

使用するツールはFXプライムの「ぱっと見テクニカル」と、「選べるHIGH・LOW ワンタッチ」です。

 

選べるHIGH・LOWでは、「月曜日の午後1時から金曜日の午後0時30分まででどのくらい価格が動いたか」で勝ち負けが決まるようです。

そこで、使用するのは週足。通貨ペアは米ドル/円とします。

ぱっと見テクニカル

 

ぱっと見テクニカルでは「円高」のようですね。

HIGHLOW

基準レートは78.17 円です。

※画像は日曜日の夜に取ったので基準レートが入っていません。というかこの記事を書き始めたのは日曜日の夜だったりします(^^;)

想定外の大幅下落スタートになっちゃいました。(日曜の夜書いておいて、ちょっと追記して今日出そう。なんて思っていました。。。)

今回試してみる「選べるHIGH・LOW ワンタッチ」では期間内に選んだ価格帯に入れば良いだけです。

今回は「円高予想」で「-0.5円」とします。

 

後は金曜日まで待てば良いだけですね。

ちなみに今回は買っていません。デモトレードができれば良かったのですができないようなので・・・つもり売買でやっていきます。

1口買った。つもりで(笑) 1口1000円。初期資金は10万円とします。

 

ちなみにセントラル短資の形状予想ツール「みらいチャート」では円安予想なんですけど・・・(^^;;)

 

みらいチャート

 

うーん。70%程度の勝率でも十分だよね、と思ってたけど実際どうなんですかねー・・・。

 


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。