形状比較によるバイナリーオプション攻略2回目

   2014/06/24

 

前回の続き

まずは前回同様、ぱっと見テクニカルを使用した方法の結果から

【結果】 3戦2勝1敗 勝率66.6%

なかなか同一方向に揃わず、仕掛ける回数が少なくなってしまいました。

そこで、ちょっと別の方法も試してみることに・・・。

 

チャート形状予想ツール:みらいチャート

今回使用したのはセントラル短資の「みらいチャート」です。

みらいチャート

ぱっと見テクニカルの形状比較と同様、3パターンまで表示します。ぱっと見テクニカルと違い、上の方に「買い」「売り」「中立」というシグナルが出るのでこのシグナルにしたがって売買してみます。

バイナリーオプションは前回同様、FX TRADEのHIGH・LOWです。

 

結果発表

【結果】29戦13勝15敗1分

5分足のみらいチャートで1h、1時間足のみらいチャートで4hに対して仕掛けました。

それぞれの勝敗を分けてみると

1Hの場合、8勝9敗

4Hの場合、5勝6敗1分

となりました。

 

たまたま運が悪かっただけかもしれませんが・・・あまりシグナルに優位性がないように思えます。

(シグナルに従うだけなので楽かなと思ったんですけどね・・・)

みらいチャートを使用した方法は今回限りで終了とします。


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。