【メモ】FXトレード勝利の羅針盤(2007年9月~2008年1月)

公開日:  最終更新日:2014/06/24

Victory Methodを書かれている、佐野さんのブログを最初から読んでいます。

FXトレード勝利の羅針盤~FXで経済的自由を得よう!~

ブログを読んで気になったところ、気に入ったところなどをメモしていくだけのエントリーです(^^;)

「つまんねーぞー」っという方はスルーしてくださいませ・・・m(_ _)m

 


 

2007年の8月から2008年1月まで読みました。

 

トレードの偉人達の言葉

閑散で動きの鈍いマーケットでトレードしてはならない(ダウも、リバモアも、テイラーも、ギャンも、
こぞって言っていた言葉)

トレードで最も重要となる目標は、利益を最大限にすることよりも、むしろ、損失を最小限にすることである。(リチャード・D・ウイッコフ)

もしも、あらゆる売買で損失を最小限に食い止めれば、80%は勝利を収めるだろう。(ジョセフ・デ・ラ・ベガ)

 

損失を克服するただ2つの方法(ジェシー・リバモア)

1. 損失となるトレードの比率を低いパーセンテージに抑える

2. 平均損失より充分大きい平均利益を持つ

1は、優れたトレーディングのテクニックを身につけ、なおかつ、過剰トレードを控えてよくトレードを厳選して確信の持てないトレードはしない、ということで、2は、損小利大ということですね。

「当たり前」といえば「当たり前」のことかもしれませんが、その「当たり前のこと」が大事なのが相場ではないか・・・と思っています。

 

移動平均線のお話

トレードしようとするタームに適すと思われる執行の時間軸上に長期と短期の移動平均線を表示させて、そのオーダー(順列)を見る。

短期移動平均線が上で、長期移動平均線が下で、移動平均線の方向がともに上向きで、長短の移動平均線間にある程度の開きがあり、短期移動平均線のほうがより強い上昇ならば、しっかりした上昇トレンド。

短期移動平均線が下で、長期移動平均線が上で、移動平均線の方向がともに下向きで、長短の移動平均線間にある程度の開きがあり、短期移動平均線の方がより強い下降ならば、しっかりした下降トレンド。

なので、

「上昇トレンドであれば、タイミングを見計らってロング」
「下降トレンドならば、タイミングを見計らってショート」

このような長短のトレンドが整合する勝ちやすい状況のみをトレードするのが良いのですね。

移動平均線は「遅い」気がしますが、「遅い」くらいがちょうどいいのかもしれません。

ただ、これだとトレードチャンスがなかなかなかったり、複数の時間軸(マルチタイムフレーム)で計測する方が勝率が良いので・・・

月足と週足が方向の整合をしていれば、日足が同調したときにスイングを狙う。

月足と週足の方向が整合していなければ、(あるいは月足の方向が不明ならば)今度は週足と日足を見て、方向が整合していれば4時間足などが同調したときに長めのデイトレを狙う。

週足と日足の方向が整合していなければ、(あるいは週足の方向が不明ならば)今度は日足と4時間足を見て、方向が整合していれば、30分足などが同調したときにデイトレを狙う。

日足と4時間足の方向が整合していなければ、(あるいは日足の方向が不明ならば)今度は4時間足と30分足などを見て、方向が整合していれば、5分足などでタイミングを計ってスキャルを狙う。

そして、どうも時間軸に整合がないバラバラの相場なら、(よほど強い動意があるとき以外は)基本的にトレードを休む。

このような感じで、スイングもデイトレもスキャルも狙っていく。わけですね。

「タイミングを計って」という部分はご自身で考えるしかありませんが、方向性(トレンド)に間違いがなければ多少の失敗は問題にならないのではないかと思います。

※必ずしも移動平均線を使わないといけないわけではありませんが、移動平均線は初心者でもわかりやすいので良いかもしれません。

 

ラリー・ウィリアムズの「2つの教訓」

1.マーケットはどんなことでも起こり得る。そして、価値とは時間の刹那(せつな)にあるものであること。

ほんとうに、何が起こるかわからないですよね。

今日寝て朝起きたらドルが急落しているかもしれません。(史上最安値をつけたあの朝のことは一生忘れません・・・)

2.どんなに確信に満ちた予想であってもマーケットはその発生を遅らせることがあること。

ユーロが「高すぎる」といわれていても、下落するまでには相当な時間が掛かったり。

そして急落して今度は行き過ぎてみたり・・・。

 

「考えもしていなかったことが発生する可能性がある」ことを常に念頭においてマネーマネジメント(資金管理)をしていかないと、「想定外」の状況になった場合に対処不能になります。

 


 

Victory Methodは良い教材です。

なかなかトレードで勝てない方は買ってみてください。

メ ソッドどおりにやるだけではなかなか勝てないと思いますが、教材をしっかり読み、佐野さんが公開している多数のトレード動画をじっくり観て学習す ることで何か見えてくるのではないかと思います。(全部観ると何十時間にもなるトレード記録動画があります。動画だけでも商品になりそうです。)

どうしてもわからないところがあったら、佐野さんにメール等で聞いてみるとよいでしょう。

ご購入リンクは佐野さんのブログ右側にあります。

※勝手に紹介しているだけでアフィリエイト等、お金を受け取ったりとかしていません。念のため。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑