【メモ】FXトレード勝利の羅針盤(2009年3月~2011年3月)

公開日:  最終更新日:2014/06/24

Victory Methodを書かれている、佐野さんのブログを最初から読んでいます。

FXトレード勝利の羅針盤~FXで経済的自由を得よう!~

ブログを読んで気になったところ、気に入ったところなどをメモしていくだけのエントリーです。

 


2009年の3月から2011年3月まで読みました。

TOPS COLA

“Take Our Profits Slowly, Cut Off Losses At once”
(利益はゆっくり得て、損失はただちに断ち切れ。)

と、頭文字を取って「TOPS COLA」をトレードの基本中の基本として(米国では)教えています。

 

酒田五法の秘伝

機に待つに即ち「仁」
機に乗ずるに即ち「勇」
機に転ずるに即ち「智」

相場の良い機会を努力して待つ、
良い機会の訪れを察知したら決断して勇気を持って乗る、
状況の転換を察知して柔軟に切り替えることができる知恵、
などを手法の根幹に据えていたことは、とても興味深いですね。

ウィリアム・デルバート・ギャン

大切なものは4つである。
Patience (我慢強い冷静な忍耐)
Nerve (沈着な勇気)
Knowledge (集合的知識やノウハウ)
Health & Rest (健康と休息)

相場の動きを漫然と期待して待つのはギャンブルである。
忍耐強く待ち、シグナルを見い出したその瞬間に反応するのが投機である。

相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。

 

リフラクション(反映させて行動する)

長年染み付いた有害なものがある場合は、まずはそれを捨て去るプロセスが必要で、これを行わないと、習得の障害になるのですね。

タル・ベン・シャハー博士が言うように、「手放しなさい。」ということが必要で、このプロセスを実行しないと、習得もままならないというわけです。

おそらく、このことは、ゴルフでも、そしてトレードでも言えることのようです。

「リセット&リフラクション」

もしも、習得がなかなかうまくいかないとき、自身にこれを問うてみることは問題解決の大きな一歩になるのかもしれませんね。

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑