オープニング・レンジ・ブレイクアウトの検証【リベンジ】

公開日:  最終更新日:2014/06/24

 

オープニング・レンジ・ブレイクアウト 再検証

以前投稿した「オープニング・レンジ・ブレイクアウトの検証」を、もう一度やってみることにしました。

また、今回は「ロンドン市場のオープニング」と「ニューヨーク市場のオープニング」についても調査していく予定です。(実はこちらが本命)

 

以前投稿した記事のオープニング・レンジ・ブレイクアウトについて

「究極のトレーディングガイド」という本に記載されていた方法を使ってシステムを作り、バックテストしたところ、非常に良好な結果が得られました。

しかし、チャートを見ながら検証していくとシステムの有効性に疑問が出てきました。

 

【問題点】

1.買い有利の日/売り有利の日を設定して仕掛けているが、この「有利の日」というものを検証してみたところ、優位性は確認できなかった。

2.株式市場と違い、ほぼ24時間動いている為替市場において「オープニング」とは何のことを指すのか。

 

以上のことから、僕は「バックテストではうまくいっていたが、このオープニング・レンジ・ブレイクアウト戦略の優位性は非常に怪しい」と考えて調査を打ち切っています。

 

【関連記事】

オープニング・レンジ・ブレイクアウトの検証

オープニング・レンジ・ブレイクアウトの検証(再)

オープニング・レンジ・ブレイクアウトの再検証@買い有利・売り有利の日について

オープニング・レンジ・ブレイクアウトシステムの再検証

 

ともかく再検証

EURUSD_ORB_Re

・・・?

同じロジックで同じ通貨ペア、同じ期間のバックテストをしたはずなんですが、かなり酷い結果になりました・・・。

いったいどういうテストをしたんでしょうか。誰ですか?テストしたのは!!

 

ごめん寝

大変申し訳ございません

 

よくわかりませんが、以前のバックテスト結果を再現できませんでした。

当時の僕のことですから、何か間違っていたのではないかと思います・・・。

 

ともかく、この手法は少なくともFXでは通用しないだろうと思っていたのでこれ以上の追求はしないことにします。

 

次回は「本命」の「ロンドン市場のオープニング・ブレイクアウト」について調査検証していきます。

ロンドン・オープニング・レンジ・ブレイクアウトの検証

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑