【ZigzagBreakoutEA】今週のトレードまとめ(10/24~10/28)

   2016/11/05

Icon_ZigZagBreakout_150x150
ZigzagBreakoutEAって何!?という方は、下記の記事をご覧ください。

今週のトレード結果

TitanFX Blade口座での稼働結果になります。(EURUSDの1時間と15分で稼働しています)

ws005206

先週までは(今月は)勝ち続けていましたが‥ついに損切りが発生、しかも3連続。

その後2連勝したため+0.2pipsで終わっていますが、手数料を加味すると赤字ですね‥。

米大統領選挙も近くなってきましたし、来週は米雇用統計もあるため影響が出ているのかもしれません。

検証中の設定1:トレイリングストップ変更版

ws005207

損失が抑えられているものの、利益が少なくなっているためトータルでは現行版の方が良い結果になっています。

トレイリングストップ変更版をリアル口座で稼働開始した9月20日から確認してみると‥

ws005208

トレイリングストップ変更版は20トレードで+43.2pips。

ws005209

現行版は17トレードで+36.9pipsとなりました。

トレード数が異なっているのは恐らく「稼働し始めた直後は動作が異なることがある」ためだと思います。(現行版には10/3にトレードがあるのですが、なぜかトレイリングストップ変更版にはない‥のはナゼ?)

現行版よりも多くの利益が上げられたのは10月4日の+31.9pipsが効いているからでしょうね‥。

さらに1時間と15分で比べてみたいと思います。QuantAnalyzer4では時間軸の差異は把握できないのでExcelで比較してみました。

1時間での比較

ws005210

1時間では(ほぼ)トレイリングストップ変更版の圧勝です。

15分での比較

ws005211

15分では大きく勝った10/4のトレード以外は良い結果になっていません。

トータルでは勝っていますが、コンスタントに大きく勝てないと厳しい印象です‥。

※10/3はトレイリングストップ変更版は動いていないため比較対象外としました。

どちらも10トレード前後の比較のため、まだ結論を出すのは早いかもしれませんが‥15分に関しては変更の余地ありのようですね‥。

これについては今後の課題とします。

なお、トレイリングストップ変更版の検証は今後も続けていく予定です。(問題なく勝っているので停止する理由が無い‥というのが大きな理由です(笑))

検証中の設定2:ストップロス変更版

トレイリングストップ変更版の検証に時間がかかってしまったので、こちらは軽めに書いていきます‥。

ws005213

USDJPYのM15とUSDJPYのM30が本当にダメですね;;

検証のため、私はまだ継続稼働しますがご利用になっている方は停止したほうが良さそうな気がします‥。

それ以外の通貨ペア・時間は頑張ってくれているようです。

ちなみに外為ファイネストも同様でした。これまでの動きを見ると外為ファイネストもTitanFX Blade口座もあまり変わらないなぁ‥という印象。(先週から稼働させたEURUSDも順調です)

外為ファイネストの方はUSDJPYのM15とM30を停止して稼働続行してみます。

作ってみたEAの経過

FlyingCatScalper(仮)の「時間軸毎の結果」です。

ws005214

今週はノートレード。

これまでの結果ではM15だけが全敗。後は頑張っています。このままM15が勝てないようであれば対象通貨から外す必要がありそうです。

そしてなぜかM1が動いていません;; 一番動きそうなものなのですが‥。パラメーターを見直した方が良さそうです。(今は見直す時間が無いので後回しになります‥)

暫くはこのまま様子見していきます。

新しいショップについて(経過報告)

決済サービス企業から審査結果きました。落ちました!!(><)

やはりFX関連は審査が厳しいです‥。

諦めて審査が通っている決済サービスと契約することにしました。

で・・・契約申し込みしたのですが、申込内容に誤りがあり現行ショップに接続されてしまいました!(よく確認しなかった私が悪いのです‥)

現在、変更依頼中ですが時間かかるかも‥;;(急いでくださいとは言っているのですが‥)

以上、今週のトレード結果と新ショップの経過報告でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。