AutoOrderModifyProおよびAutoOrderModifyEA Proバージョンアップのお知らせ

公開日: 

Icon_AutoOrderModifyEAPRO_moneda_200x200.fw_s

AutoOrderModifyProおよびAutoOrderModifyEA Proバージョンアップのお知らせ

AutoOrderModifyProAutoOrderModifyEA Proに下記の機能追加および修正を行いました。バージョンは1.18です。

  • 同値の変更注文を抑制
  • 損失低減機能追加

また、AutoOrderModifyEA Proのみの機能追加が1つあります。

  • マジックナンバーの範囲指定機能追加

 

同値の変更注文を抑制

まったく変化のない変更注文でも実行していましたが、スマートフォンなどで通知を受け取っている方から「変更注文が多すぎる」というご連絡をいただいたので「変化のない変更注文は実行しない」ように修正しました。

これで通知が減ると良いのですが。。。

損失低減機能追加

トレイリング・ストップや、ブレイクイーブンなど「利益を確保する」ための機能はありましたが、損失を低減する為の機能はありませんでした。 そこで、今回追加した機能が「損失低減機能」です。

買い(ロング)で入った後、ストップロス近くまで価格が下がり再度上昇した場合‥ブレイクイーブンが開始されるまで戻れば良いですがその可能性は高くなく、半分戻せば十分とみて損切りしたい‥ということがあると思います。

こういった場合に損失低減機能が利用できます。 例として、初期ストップロスは100pips、損失低減機能開始は80pips、損失低減機能での損切り位置は40pipsとします。

この場合の設定はStopLossに100、UseLossReductionをtrueに変更し、LossReductionは80、LossReductionStopLossに40と入力します。

すると、損失が80pipsになった時点でTakeProfitが40pipsの(損失となる)位置に移動し、ここまで戻れば決済(40pipsの損失)となります。

この機能はSummaryModeやAverageModeでも利用できます。

マジックナンバーの範囲指定機能追加

以前、ワイルドカード(*)を追加したマジックナンバー指定ですが、範囲指定もしたいということで追加しました。

MagicListの最初に#をつけると範囲指定と認識されます。開始マジックナンバー ~終了マジックナンバー という形で入力してください。

例:マジックナンバー1000から1999(2000は含まない)場合 #1000~1999 と入力します。

※指定した値を「含みます」ので、2000番を含まない場合には1999を指定します。

※負の数で指定したい場合も同様です。大小には気をつけてください(負の数は数字が大きい方を左に書いてください

ご購入のショップからダウンロードしてください。

FX研究日記別館

ツールの詳細は以下のリンクです。

MT4裁量トレード支援(自動資金管理)ツールAutoOrderModifyPro公開!
裁量トレード支援ツール AutoOrderModifyProとは 裁量トレード支援ツール/自動資金管理(支援)ツール AutoOrderModifyProは、既に...

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑