PositionSummaryList

tasfx0013

PositionSummaryList

(tasfx0013)

PositionSummaryListとは‥?

PositionSummaryListは複数通貨・複数ポジションを集計して見やすくし、売買バランスや損益を管理するツールです。
「つなぎ売買」や「うねり取り」といった手法を使う際に、多数のポジションが発生してMetaTrade4(以下MT4)のポジション一覧では管理が難しくなってくるため開発しました。
また、Ver2.00から「複数のMT4やMT5のポジション」を管理することが可能となっております。

PositionSummaryListには以下のような機能・特徴があります。

  • 通貨ペア毎に「買い」と「売り」別に集計。売買のバランスを管理できます。
  • 一覧で管理しながらMT4(MT5)へ一括でクローズ命令、分割決済にも対応
  • ストップやテイクプロフィットの設定も可能
  • マジックナンバーによるフィルターも可能
  • ブローカーを問わず、複数口座のポジションを一覧表示可能

通貨ペア毎に売りと買いを集計します。
買いと売りのLot数を比較し、多く持っている方の列が赤くなります。
この表を見れば「通貨ペア毎に売りと買いがどれだけあるか」がひと目で確認でき、通貨ペア毎に損益も確認できます。

「更新」ボタンをクリックすると最新のデータを取得します。
また、上部の「自動更新」にチェックをつけると1秒毎にデータ取得を行いますので(ほぼ)リアルタイムにデータ更新することも可能です。

PositionSummaryListからの発注

発注

ポジションの状況を確認しながら発注することもできます。

ストップロスやテイクプロフィットの変更注文も実行可能です。

変更注文

複数口座のポジション表示

Ver2.0にて追加された機能で、最大5口座のポジションが表示可能となっております。

別の口座でポジションを持つと以下のように表示されます。

口座に「別名」を自由に付けて管理します。ブローカー名などご自身がわかりやすい名称をつけてください。

上記の例では「MT5」という別名で登録したMT5の口座から発注しました。

付属ソフト:PositionSummaryView

PositonSummaryListにはPositionSummaryViewという補助的なインジケーターが付属しています。

PositionSummaryViewには以下のような機能・特徴があります。

  • 「買い」と「売り」別に集計。売買のバランスを管理します。
  • 現在のスワップやスプレッドをチャートに表示。
  • チャートからPositionSummaryListを起動できます。

PositionSummaryView

チャートに適用すると、適用したチャートの通貨ペアのポジションを集計して表示します。

左側に表示している値はショート(売)のポジション合計とロング(買)のポジション合計、そして合算した際の総損益です。

右側に表示している値はショートのスワップとロングのスワップ、現在のスプレッドが表示されます。(スプレッドの単位はPointです)

また、PositionSummaryListのパス(フォルダ)を指定すると一番左端にグレーのアイコンが表示されます。このアイコンをクリックするとPisitionSummaryListが起動します。

【詳細説明ページ】

MT4用ポジション集計管理ツール「PositionSummaryList」発売

【注意事項】

リアル口座でご利用になる前に、まずはデモ環境等で動作をご確認ください。
当ツールを利用したことに関連して生ずる損害について、一切責任を負いません。(自己責任でお使いください)

ご購入者は個人使用・業務使用に関わらず自由にご使用いただいてかまいません。
当ツールの加工・販売等は禁止といたします。
なお、ライセンスは1つのご注文につき5ライセンス(5口座まで)となっております。5口座までは同時に使用できます。それ以上必要な場合には申し訳ございませんが、不要なライセンスを削除するか、もう1つご購入ください。
※本製品はCSVファイルを読み込む形式という仕様のため、デモ口座も1ライセンス使用いたします

※ソフトに同梱している「ライセンス申請説明書.pdf」に削除方法が記載されておりますので、削除をご希望の場合にはそちらを御覧ください。

再ダウンロード有効期間(日数)無期限
ファイル名PositionSummaryList.zip
公開日2021/5/10
バージョン2.1(本体) 2.01(EA)
制作TradeAndSoftware
¥4,900