仮想口座でトレード

それではトレードしてみましょ~

1. ログイン後、上部メニューの「お取引・照会」をクリック

2.左のメニューの「新規注文」をクリック

3.新規注文 入力画面が画面中央下部に表示される

4.なにやら色々と項目がありますが、今は全部無視して取引数量のみ入力する。

ここでは、 ×10,000 の左に 1 を入力。

5.「注文内容確認」のボタンをクリック。

1 × 10,000 とすると 1万ドルを円で売買するという事。

ドルを買った場合、1ドル1円上がる度に1万円の利益になる。 下がった場合は1万円の損失になる。

円ペアだと利益と損失が計算しやすいので初心者には円とのペアがおすすめ。

特にドルやユーロは馴染み深いですしね~。

6.売買画面が表示される。見ていると価格がモソモソ上下しますが細かいことは気にせず「売」ボタンをクリック!(「買」でも良い)

売値と買値が違うのはFX業者が手数料と思ってくださいな。(スプレッドという)

7.売れましたっと。

8.今の売買の結果を見てみましょ~。左メニューの「決済注文」をクリック

9.決済対象は先ほど売った「米ドル・円」

10. 現在の損益は-500円。最初、マイナスになるのは仕様。 FX会社からスプレッドによる損失(-200円)と手数料(-300円)が取られてしまう。

11.通貨ペアを買えて売買してみる。 2.の操作で新規注文の画面を開き、通貨ペアを「ユーロ・円」に変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12.今度は×1,000の左に 1 を入力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 × 1,000 とすると 1,000ドルを円で売買。

資金がある場合には必要ないが、自己資金が少ない場合、取引数量を少なくしてリスクを抑えられる。

今回は手数料が試しに使ってみただけ。

100万円以上の資金があるなら1万通貨でよいのではないかと。

12.「売」ボタンクリック (買でもOK)

 

 

 

 

 

 

 

13.売れましたっ。

 

 

 

 

 

 

 

0.1(1,000通貨)で手数料50円。 1(10,000通貨)で手数料300円。

10,000通貨で買う方が手数料が安く済むので、今後は全部10,000通貨でやりましょ~。

500万円あるしね!(仮想通貨だけど)

 

14. 先ほど売った履歴を参照してみる。-80円の損失。 10,000通貨で売買するよりも、ずっと損失は軽い(利益も軽いが(笑))

 

 

 

 

15.このままにしておいて、ドルやユーロが急騰すると損失が拡大する!ので、「ストップ」を置く。

この「ストップ」を置かなかったり、忘れてしまうと「予想外の値動き」が発生した時に巨額の損失を被ってしまう事がありますよっ

「FXで破産した」とかいう人は、たぶん、ストップを置いていなかった事が敗因なので『絶対』置いてください『絶対』ですよ

というわけで左メニューから「決済注文」をクリック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16. まずは『米ドル・円』を選択して、「注文数量入力画面へ」ボタンをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17.執行条件を「ストップ」に変更 (画像撮り忘れてたけど・・・1つ前の画面で取引数量は 1 × 10,000 にしている)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18.「指値」の欄に「ここまで上がってきたら残念だけど負けを認めよう」っていう価格を入れる。

最初は狭くしておきましょ~。損失が小さくて済むので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は今回 85.56で売ってますから、0.04円上昇でストップ(損切り)する。

今回受け入れる予定損失は、 400円+取引直後に発生していた500円=900円。

「取引数量」と「ストップ」で損失を制御することがFXにおいて不可欠と僕は思いますよ。

 

19.同様に「ユーロ・円」もストップを置く。

 

 

 

 

20. 1×1,000を入力して「決済注文入力画面へ」ボタンをクリック

 

 

 

 

21. 米ドル・円と同じように設定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

109.81で売って、ストップが110.78としているのは、ドル・円よりも値動きが激しい事と、そもそも取引数量が0.1(1,000ユーロ)と

少額なのでここは広くストップを置いても問題ないと判断したため。

今回受け入れる予定損失は、970円+取引直後に発生していた80円=1,050円

ストップを広く取りたい時は、取引数量を少なくしておけば損失額を抑えられるっ。

 

22.設定したストップは「注文訂正」で確認できる。

 

 

 

 

 

 

23.ストップを置いているうちに思惑通りに値動きしてくれたようで、2,400円ほど利益が出ましたっ。

 

 

 

 

24.今回は練習なので、次は「決済」してみる。 (利益も出てるみたいだしね(笑))

左メニューから「注文取消」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25.先ほどのストップを取り消す(ストップを取り消さないと決済できない!)

両方ともチェックをつけて取消!

 

 

 

 

 

 

26.注文を取り消したら、左メニューから「決済注文」をクリック


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27.先ほどは執行条件を「ストップ」にして、指値を入力しましたが、今度は「マーケット注文」のままで。指値も空欄でOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28.買いボタンをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

29.米ドルもユーロと同様に買い戻して「手仕舞い完了」 合計2,200円の利益ゲットっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り、売買を実行してみましたが・・・初心者の方で利益が出た方はどのくらいいますかね?

恐らく、ほとんどの方は「利益が出ない」と思います(笑)

ニュース等で知っている知識で売買することもできますが、それだけではなく「チャート」を見ることで勝率はググっと上がってくるので次回は「チャートの見方」について書いてみます~。

< バーチャルトレードメニューへ

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑