ストップロス

   2015/04/13

損失を拡大しない為に行う損切り。 ロスカットとも言う。

FXでは一般のギャンブルと違い損失額が決まっていないので、自分で損失を確定する必要がある。
これを怠ると予想以上に損失が拡大し、最悪資産をすべて失うことにもなりかねない。
ここが「ギャンブル」と大きく違う点であり、これがFXで破滅する人が多い最大の原因ではないかと思われる。

通常、FX会社が提供しているトレードシステム(トレードツール)には「逆指値注文」が可能となっており、この「逆指値」でストップロスを設定しておくことを推奨する。
(どこまで損失を受け入れるかを決めておき、機械的にストップロスを行う)

ニュースなどで「ストップロスを巻き込み…」と言われる現象は「ストップロスによる下落(あるいは上昇)が、次のストップロスを巻き込み、次々と自動決済される」事によって発生する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。