ナンピン(難平)

   2014/06/24

買った後で下落した場合に、取得単価を下げる目的で追加購入することを「ナンピン買い」という。

例)
1米ドルを83円で1万通貨購入したが、予想に反して81円まで米ドルが下落したとする。
この時点では2万円の損失となる。

これから上がると予想し、81円で1万通貨購入する (これで、平均取得単価は82円となる。)
その後、82円まで戻ればプラマイゼロ。 83円まで戻れば1万円の利益を出すことができる。

※売りから入った場合は「ナンピン売り」という。(売却価格を上げる目的で追加で売却する)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。