書評:バーンスタインのデイトレード入門

   2016/09/18

評価 ★★★☆☆
対象読者 超初心者 初心者 中級者以上
市場 全般 為替 株式 商品
期間 短期
(デイトレード)
中期
(スイング~)
長期

この書籍は僕の持っている書籍の中では珍しい「デイトレード」の本です。

中身は「移動平均線やストキャスティクスなどの一般的なテクニカル分析」を「デイトレード(の先物や株式)」での使用方法を解説している・・・よくある書籍のうちの1冊。

(それ以外にも、心理についてとか書いていますが、それも良くある内容だったような…)

 

先物市場や株式市場でデイトレードしている方なら一読の価値はあると思います。

為替市場の場合だと使えない内容も少なからずありますが・・・デイトレードのヒントくらいは得られるか・・・も知れません。

 

アマゾンの評価は高いんですよね・・・僕が、色々な本を読みすぎたからでしょうか。

あまり目新しい内容が見当たらなかったので僕の評価は低めになっています。

後、値段が高すぎですねぇ。(僕は中古で買いましたが、それでも安くはなかったような・・・)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。