書評:バーンスタインのデイトレード実践

   2016/09/18

評価 ★☆☆☆☆
対象読者 超初心者 初心者 中級者以上
市場 全般 為替 株式 商品
期間 短期
(デイトレード)
中期
(スイング~)
長期

前回紹介したのは入門編でしたが、こちらは実践編です。

入門編と比較すると「内容一部省略、代わりに別のテクニカル分析を追加。」したような感じ。

かなり内容が被ってるので両方買う意味はあまり無いと思います。

 

「実践」とするなら、「入門読んだ」ことを前提にして「もっと具体的な内容」や「入門で書けなかった重要なこと」について言及して欲しかった。(最も原題の方には「実践」なんて言葉は入っていないので、そういう意図で書かれた本ではないのでしょうけど・・・)

「入門」を読んでない人向けに「入門」の内容をホトンド持ってきて、プラスアルファして1冊にするのであれば「改訂版」として出して欲しかった。

しかも、「入門」の内容を一部省略しているので「入門より実践を読んだほうが良い」ともいえない。なんだか非常に微妙な構成です。何がしたかったのなぁ・・・

 

この書籍もアマゾンの評価は高いんですよね・・・。

感じ方は人それぞれですが。なんか不思議。です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。