PositionSummaryListとPositionSummaryViewがVer2.0になりました

 

PositionSummaryListがMT5に対応及び、(ブローカーを問わず)複数口座の管理が可能になりました。

最大5口座まで設定・管理可能となっております。(口座は「別名」をつけて管理します)

本ツールは2年ぶりの更新となりました‥

実は‥裏では「複数口座対応」は実施していて自分が使っていました‥(汗

それほど売れていないツールだったので「リリースは後回し」にしていたところ、そのままリリースするのを忘れてしまったのです‥。

「MT5対応版」の話が出たので「簡単に作れるのでは」と思って着手した際に「リリースしていない」ということに気が付きまして、MT5対応と一緒にリリースとなりました‥(苦笑)

MT5対応ですがMT5側(EA)を作ればWindowsアプリの方はほとんどイジらなくて良いのでは?と思っていたら、そんなことは無くて意外と苦戦しました。

自分の環境だけなのかわかりませんが、MT5でファイルを出力するとエンコードに何を指定していても「UTF-16(Unicode)」で出力しやがりまして‥(MT5のバグじゃないんですかね‥?MT5ってMT5本体のデキは良いと思うんですが、MQL5のデキが非常に悪いです‥。)

Windowsアプリ側で使っている取り込みでは「UTF-16」に対応していない(文字化けする)という事態に陥ったのでした。

MT5側ではどうあがいても無理なので、Windowsアプリ側でUTF-16をShift-JISに変換してから取り込んでなんとか対処しました‥。

当方は複数口座を管理している際に集計せずに分離していた方が都合が良かったのでこの仕様にしましたが、使い方によっては分離せず、全部集計されている方が見やすい‥というケースもあるのではと開発が終わってから気づきました。

そういった要望が多ければ、集計画面では別名を無視して全部集計するモードを追加するかもしれません。

追加した機能がご入用の方は最新版をご購入のショップからダウンロードしてください。(当ショップでご購入の方はショップ右上の「ログイン」からログインしていただき、「マイページ」からダウンロード願います)

ショップ – FX研究日記 別館

※ゴゴジャンでご購入のお客様はゴゴジャンからダウンロードをお願いいたします。また、ゴゴジャンの操作でご不明の場合にはゴゴジャンへお問合せをお願いいたします。

PositionSummaryViewについて

こちらはMT5版を入れただけです。PositionSummaryListをご購入の方でMT5版を利用したい方はPositionSumamryListの圧縮ファイルに同梱されていますので、そちらをご利用ください。(MT4版の方は変更しておりませんので入れ替える必要はございません。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。