MT4BackTesterVer2.1.2およびFree版1.0.1公開のお知らせ

 

MT4BackTester2.1.2

MT4用バックテスト効率化ツールMT4BackTester2.1.2公開

FX-ONというサイトでMT4BackTesterを検索した際に以下のような記事がみつかりました。

【MT4BackTester】複数のEA、複数の通貨ペア、複数のタイムフレームを一括でバックテストできる便利ツール

ご紹介ありがとうございます!そしてそこに・・・

プログレスバーは表示されない
バックテストを実行した際に、プログレスバーが表示されないため、バックテスト全体からみて現在どの程度処理が進行しているのかがわかりません。
中止ボタンがない
一度バックテストを実行してしまうと、中止ボタンがないため、途中でバックテストを終了できません。できれば、上記プログレスバーの件と共に作者様には対応していただきたいところです。

直接言ってくだされば、もっと早く対応しましたのに・・・!(´▽`;)

※こちらの投稿は「川蝉のFX自動売買」というサイトで公開された記事でした。なかなか興味深いので後日ゆっくり拝見させていただこうと思っています。

僕はロジックを知っているので「どのバックテストが実行されているか」から「どの程度進捗しているのか」が把握できますし、中止する場合には強制終了させていた(!)のであまり気にしていませんでしたが、ソフトとして「強制終了するしかないです」というのは不親切ですね…。

というわけで、プログレスバーの表示と実行中止ボタンを追加しました。

MT4BackTesterプログレスバー

バックテストを実行すると、「何パーセント終了したか」「全体の実行回数と実行終了した回数」が表示されます。

実行中止ボタンを押すと即座に中止して、MT4BackTesterの操作が可能になります。

ただし、「すでに実行されているバックテストはMT4BackTesterからは停止できない」のでMT4の方で「ストップ」してください。

これで「あ!設定間違えた!実行中で止まらない!」ということが無くなり、「いまどのあたり実行中なのだろうか・・・」ということもなくなりますね!(書いていて気づきましたが、実行にかかった時間が表示されていると終了時間が逆算で計算しやすかった・・・ですね;;

無料版の方も同様に改修しました。

☆有料版の説明とダウンロード(無料版のダウンロードもこちらから可能です)

MetaTrader4バックテスト効率化ツール「MT4BackTester 2.1.2」の概要と設定方法について

☆既に有料版をご購入の方

購入時のメール等から再度ダウンロードしてください。

※最新版が取得できない場合にはブラウザのキャッシュをクリアして、再度ダウンロードしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 6mwt0 より:

    MT4BackTesterVer2.1.2ですがMT4のヒストリカルデータ入手など準備する必要があるでしょうか。いまFREE版で試しましたがテストバーがゼロで記録されました。

    • emija より:

      はい。ヒストリカルデータは必要です。
      MT4でバックテストするときと同様にデータを準備してください。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。