MT4裁量トレード支援無料ツールAutoOrderModifyFree公開!

   2017/06/05

AutoOrderModifyFREE

AutoOrderModifyFreeとは

以下のような機能・特徴を持ちます。

  • 自動で損切り(StopLoss)や利食い(TakeProfit)を入れます
  • 自動でトレイリング・ストップを実行します
  • 自動でブレイクイーブン注文を実行します
  • 上記機能はすべて使用/不使用の切り替えができます
  • EAとして稼動します。すべての注文に有効のため1つ稼動させればすべての通貨に有効です
  • 無料です

お知らせ

大変申し訳ございませんが、無料版の配布は終了いたしました。

AutoOrderModifyProAutoOrderModifyEA Proという有料版の「デモ用」は無料配布しております。

AutoOrderModifyProAutoOrderModifyEA Proのページからダウンロードしてお使いください。

裁量トレードのみの方はProを、EAの制御も行いたい方はEA Proのご利用をおすすめしております。

また、手法などによっていろいろな設定を作って(パターン登録して)使いたい方にもEA Proがおすすめです。

AutoOrderModifyシリーズ機能比較表

AutoOrderModifyシリーズ機能比較表

MT4のEAが持ったポジションを自動制御(損切り、利食い、トレイリングストップ等)するツールAutoOrderModifyEAPro

MT4裁量トレード支援(自動資金管理)ツールAutoOrderModifyPro公開!

AutoOrderModifyFreeの機能説明

自動で損切り(ストップロス)や利食い(テイクプロフィット)注文を実行

MT4でストップロスを設定する場合、みなさんはどのように設定しているでしょうか。

僕は一度注文を入れた後、チャート上の注文をドラッグ&ドロップして設定しています。

MT4で損切り(ストップロス)注文を入れる方法

注文時に入力することもできますが面倒です。○pips下だから○円かな?とか計算したくないじゃないですか!(僕だけでしょうか?w

利食い注文(tp)はストップロス(sl)を設定した後、同様に線をドラッグ&ドロップすれば設定できます。

というのを最近知りました(笑) あまり使わないので…

しかし、これも面倒だったり!

指値や逆指値を入れておいて離席している間に発注されていて、しばらく気づかずに放置していた…(暴落していたら危なかったかも!?)ということもあるかもしれません。

そこで、指定したpips値で”とりあえず”ストップロスの注文を入れてくれたら楽なのに…という個人的な要望を満たすために開発したのがこの機能です。

※僕は必要に応じてマウスでちょっと変更することもあります。一度設定された場合、このEAが勝手にもとの位置に戻したり…ということはしません。未設定の場合のみ設定します

パラメーターでストップロスとテイクプロフィットのpipsを指定しておくと、成行/指値/逆指値に限らず自動的にストップロスとテイクプロフィットの注文変更を実行してくれます。

自動でトレイリング・ストップを実行

MT4にはトレイリング・ストップ機能があります。

トレイリング・ストップにも色々種類がありますが、MT4のストップロスは有利な方向に価格が変動した場合にストップロスの位置を変更し損失を抑える/利食いする機能です。

例えば20pipsの利益が出ているときに、損切り位置を20pips動かしてイーブントレードにする、30pipsの利益となった場合には10pipsの利益が確保できる位置にストップロスをおく、といったような動作をします。(※トレイリング・ストップ設定時に指定したpointによって、どこからトレイルを開始するかが決まります)

MT4でトレイリング・ストップを設定する

現在持っているポジション(取引タブ)で設定したい注文の上で右クリック→トレイリング・ストップを選択するか、先ほどドラッグアンドドロップで使ったチャート上の注文の線の上で右クリック→トレイリング・ストップを選択すると設定できます。

しかし、これも正直面倒です。トレイリング・ストップを「必ず使う」とルールに決めている場合、毎回必ずこの操作をして設定しなければいけません。

そこで、このツールではトレイリング・ストップをON(True)にするだけで、すべての注文にたいしてトレイリング・ストップを自動実行します。(MT4で動作するトレイリング・ストップとほぼ同じです)

自動でブレイク・イーブン注文を実行

「ここまで利益が出たら注文時の価格の少し上にストップロスを移動しておく」といった操作を行うことがあります。

トレイリング・ストップほど緻密に動いてほしくない場合や、「とりあえず収支トントンになる場所にストップを置いて、できるだけ利益を伸ばしたい(トレイリング・ストップだと強く押し・戻りがあるとストップにかかってしまう恐れがある)」場合など、利用場面は少なからずある…はずです。

この変更注文を自動で実行してくれます。(指定したpips分の利益が出たら、変更注文を実行します)

有料版について

有料版の開発が完了しました!かなり便利な機能をいろいろと実装しました。

有料版と無料版の違いは以下のページにまとめていますのでそちらを御覧ください。

【よくある質問】資金管理ツール「AutoOrderModify」の違いについて

よくある質問

Q.MT4を複数起動した場合、AutoOrderModifyもそれぞれのMT4で起動する必要がありますか?

A.いいえ。口座が同一であればAutoOrderModifyは「いずれか1つ」に設置するだけで機能します。口座が異なる場合には口座毎に設置して下さい。

Q.MT4のEAを停止しても設定は生きているのでしょうか?

A.既にポジションを持っていてSL/TPがAutoOrderModifyで変更された後でしたら、その注文は残ります。トレイリングやブレイクイーブンは停止直後から停止します。また、停止してから発注したポジションのSL/TPは設定されません。

Q.裁量トレードでポジションを持った際にSLを指定した場合も、トレイリングやブレイクイーブンは機能しますか?

A.はい。AutoOrderModifyがSLを設定したかどうかは見ていません。裁量でSLを指定した場合もトレイリング・ストップやブレイクイーブン機能が動きます。

AutoOrderModifyFreeのインストール

1.以下のファイルをダウンロードします

AutoOrderModifyFree.zip

※無料版の配布は終了いたしました。

※クリックでダウンロードされない場合は「右クリック→ファイルとして保存」などで保存してください。

2.MT4を起動し、上部メニューのファイル(F)からデータフォルダを開くをクリックします

データフォルダを開く

3.開いたフォルダ(エクスプローラー)からMQL4→Expertsの順に開き、1.でダウンロードしたAutoOrderModifyFree.ex4をコピーします

4.MT4を再起動するか、ナビゲーターウィンドウのエキスパートアドバイザー上で右クリック→更新するとナビゲーターウィンドウにAutoOrderModifyが表示されます。

update

AutoOrderModifyの設定

1.ナビゲーターウィンドウに表示されているAutoOrderModifyを任意のチャートにドラッグ&ドロップします。

WS001412

全般タブ:「自動売買を許可する」にチェックを入れてください。

AutoOrderModifyFree パラメータ説明

パラメーターの入力タブ:必要な設定をしてください。

各パラメーターの説明

StopLoss(pips):ストップロスの設定値です。pipsで入力してください(使用しない場合には0を入力してください

TakeProfit(pips):テイクプロフィット(利食い)設定値です。pipsで入力してください(使用しない場合には0を入力してください

UseTrailing:トレイリング・ストップ機能を使用する場合にはtrue、未使用の場合にはfalseを入力してください

StartTrailingStop(pips):トレイリング・ストップを開始する位置です。指定したpips分の利益が発生するとトレイリングストップを開始します。

TrailingStopStep(pips):指定したpips毎にストップロスの位置を変更します(変更注文が大量に発生しないように、余裕を持たせています)

UseBreakEven(pips):ブレイクイーブン機能を使用する場合にはtrue、未使用の場合にはfalseを入力してください

SetBreakEven(pips):指定したpips分の利益が発生するとブレイクイーブン注文を実行します

BreakEvenProfit(pips):指定したpips分の利益を確保するようにストップロス注文を変更します(スプレッドや手数料を加味しても収支トントン(または微益)となる値を入力してください)

注意事項

動作確認はしておりますが、念のためデモ環境等で動作をご確認の上ご使用ください

当ツールを利用したことに関連して生ずる損害について、一切責任を負いません。(自己責任でお使いください)

当ツールはフリーソフトです。個人使用・業務使用に関わらず自由にご使用いただいてかまいませんが、著作権は放棄しておりませんので当ツールの加工・販売等は禁止といたします。

配布等を行っていただいても構いませんがインターネット上でダウンロードさせたい場合には「当サイト(当ページ)からダウンロードする(リンクする)」ようお願いいたします。

もし不具合等ございましたら当記事のコメント欄またはメールでご連絡ください。

メールアドレス:tradeandsoftwareあっとま~くgmail.com

※あっとま~く は @ に置き換えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 無名 より:

    version4.00 build902では、
    確認した限りですが、
    audjpy/nzdjpy/gbpjpy/eurjpy/usdcad
    の通貨では動作しませんでした。

  2. 直川 より:

    AutoOrderModifyの機能にSLの変動pips設定が出来る機能ってありませんよね?

    具体的にいうと、
    買いの場合、エントリーしたタイミングで前日安値にSLが設定される、次の日損切りされなかったらSLを前日の安値に引き上げるの繰り返しです。
    自分の場合はTPは固定pipsなのですが、
    SLは前日安値か+αして可変式なのでさらに面倒なんです(泣)

    なんとか実現できませんでしょうか。

    • emija より:

      了解です。
      それほど難しくないので後日実装してみます。
      ※FreeではなくPro版での実装になります

      完成しましたら、入力いただいたメールにご連絡します。

  3. harry55 より:

    無料で使わせていただきありがとうございます。質問ですがお願いします。ストップロスは、20pips1のところに点線で表示されたのですが、「TakeProfit(pips):テイクプロフィット(利食い)を30pipsと設定したのですが、120pipsぐらいのところに利食いの設定になってしまいます。どうすればいいですか?

    • emija より:

      SLは正しく設定されているが、TPは設定値と違う…ということを仰っていると思って良いでしょうか。

      1.設定に誤りがある
      2.他の要因でTPが設定されている(既にTPが設定されている場合、AutoOrderModifyはTPの再設定を実行しません)

      ・・・といったところが考えられます。

      ※無料版は基本的にサポート対象外とさせていただいております。
       サポートをご希望の場合には、有料版をお買い上げいただけますと幸いです。

  4. chika より:

    裁量決済用のインジケーターを探していてこちらに伺いました。
    AutoOrderModifyProの購入の前に無料版で試してみたのですが、
    TPSLの設定はされるのですがトレイリングストップとブレイクイーブンが始まりません。
    自動売買のチェックをつけてパラメータは初期値なのですが、
    原因としては何が考えられますでしょうか。

    よろしくお願いします。

    • emija より:

      TrailingStopとBreakEvenの値を狭くしても始まりませんか?

      もしくは、エキスパートログや操作履歴にエラーが出ていたりしませんか?

  5. chika より:

    迅速なご返答ありがとうございます。
    TrailingStopとBreakEvenの値は変えて試してみましたが出来ませんでした。

    月曜日になったらログと履歴を確認してみます。
    ありがとうございました。

  6. chika より:

    お世話になります。
    デモ口座でもう一度試してみたところ、
    pips数をmt4基準と勘違いしていました。
    正常に動作しましたのでこれから使用していこうと思います。

    ありがとうございました。

  7. kenichi より:

    エラーコード4112が出ます。

    • emija より:

      エラーコードはこのサイトに書いてありますが・・・
      http://googolyenfx.blog18.fc2.com/blog-entry-35.html
      4112というのは無いですね・・・

      https://docs.mql4.com/constants/errorswarnings/errorcodes
      英語ですがMQL4のマニュアルにはあったので新しいエラーコードのようでした。
      4112
      ERR_TRADE_EXPERT_DISABLED_BY_SERVER
      Automated trading by Expert Advisors/Scripts disabled by trade server

      エラーでぐぐったところRacco氏が
      「EAによる自動売買あるいはスクリプトはトレードサーバーによって無効となった」
      EAからSellの発注がいったものの、サーバによってはじかれたということになります。
      しばらく様子を見ていただき、同じ現象が続くようなら、ブローカにお問い合わせいただくのが良いかと思います。
      参考: http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=6381&t=4&k=12392&t=4

      と返信していましたので原因はブローカー側にある・・・ようです(?)

      ※無料版はサポート対象外となっております。予めご了承ください。

  8. よっち より:

    お世話になります。
    Auto OrderModify EA Pro を使用しております。
    トレール注文が履行されておらず、エキスパートログに
    下記のとおりエラーメッセージが表記されておりました。

    2016.09.29 23:51:14.698 AutoOrderModifyEAPro AUDCAD,H1: AutoOrderModify(Order Modify[TS] Error : Error Coder = 130)

    これは、トレールの設定を
    20pips利益が出たら、トレール幅を5pipsにするという設定にしていたために
    現在値から近すぎる逆指値注文は受け付けないというエラーと思われます。

    私は、同ロジックのEAを12通貨で運用しており、そのためAutoOrderModifyEAPro をAUDCHFとAUDCADのチャートに
    それぞれ10通貨と2通貨に分けてセットしております。

    上記にもあるとおり、今回エラーが出ているのはAUDCADにセットして
    制御していた通貨のみであり、AUDCHFで制御したEAは、設定どおりに
    20pips利益が出たら、トレール幅を5pipsにするという運用ができておりました。

    これは、AutoOrderModifyEAProをセットした通貨(AUDCAD)
    に影響を受けているということでしょうか?

    たとえば、スプレッドが低く流動性の高いEURUSDなどの通貨に
    AutoOrderModifyEAProをセットしたら、上記のような不具合は
    解消されますか?

    またその際、12通貨で運用している中にEURUSDは含まれており、
    互いに干渉するようなことはないですか?

    今回、上記のようなリスク、すなわちもともとのEAの通貨と
    AutoOrderModifyEAProをセットする通貨が同じだと互いに干渉する
    ということを恐れ、マイナー通貨のチャートをあえて選んでセットした
    経緯があります。

    まとまりのない文章で恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。

    • emija より:

      どの通貨ペアに設置したかは関係ない‥と思っていたのですが。
      AUDCADは全部ダメで、AUDCHFは全部問題ないのであればトレイリングの変更注文を出すときにその通貨ペアのストップレベルを参照してエラーにしている…可能性はありますね…。(そのように動いているとしたらMT4の動作の方がオカシイと思いますが…;;)
      そうだと仮定するとEURUSD等に設定すれば問題はなくなると思います。
      他のEAと干渉することはありません。

      • よっち より:

        早々にご回答いただきありがとうございました。

        それでは、EURUSDを元のEA用に1枚の他、決済用としてAutoOrderModifyEAProをEURUSDのチャート2枚にセットするようにいたします。

        また何かありましたらよろしくお願いいたします。

  9. pachi より:

    AutoOrderModifyFreeをMT4に入れたのですが、
    設定通りにというより、エラーとなって自動注文がされませんでした。

    ターミナルのエキスパートタブを見ると以下のエラーが表示されております。

    00:01:49.480 AutoOrderModifyFree GBPJPY.,M5: AutoOrderModify(Order Modify[TP] Error : Error Coder = 4109)

    00:01:49.557 AutoOrderModifyFree GBPJPY.,M5: AutoOrderModify(Order Modify[SL] Error : Error Coder = 4109)

    エラーコードから「自動売買の許可」が有効になっていない事が原因との
    情報を見つけたのですが、こちらはPDF及びホームページでの開設の通り、
    チェックは既に入っております。

    「DLLの使用を許可する」や「外部エキスパートの使用を許可する」などの
    チェックをON、OFFしたり色々パターンを試しましたがやはり上記のエラーが
    表示され自動注文が入りません。

    お手数ですが何か回避策があればご教示いただきますようお願いします。

    ちなみにMT4は海外口座のXM-ZEROのものを使っております。
    口座はデモトレード用です。

    • emija より:

      一応、こちらでも試してみました。手順は以下の通りです。
      XM Zeroのデモ口座にログインしてGBPJPY.のチャートを開き、AutoOrderModifyFreeを設置。
      開いたウィンドウの「全般タブ」の自動売買を許可するにチェック。
      パラメーターは変更せずにOKボタンをクリック。
      上部の「自動売買」ボタンをクリック。(これでAutoOrderModifyFreeの横にある顔が笑顔に変更)
      GBPJPY.のチャートにワンクリックトレードを表示して、BUYボタンをクリック
      SLとTPが設定される。

      という手順で問題なく動作いたしました。
      XM Zeroのデモ口座だから・・ということはなさそうです。。

      • pachi より:

        早速の回答ありがとうございます!

        >上部の「自動売買」ボタンをクリック。
        >(これでAutoOrderModifyFreeの横にある顔が笑顔に変更)
        →確認したところ、こちらの設定を実施していませんでした。
         私のMT4はボタンをカスタマイズしているため、「自動売買」ボタンが表示されていませんが
         [ツール]-[オプション]-[エキスパートアドバイザ]タブを開き、
         「自動売買を許可する」にチェックを入れたところ正常に動作しました。

        お騒がせして申し訳ありませんでした。
        とても便利なツールなので今後も活用させていただきます。

        ありがとうございました。

        • emija より:

          ご連絡ありがとうございます。

          問題なかったようで、なによりです。
          今後もよろしくお願いいたします。

  10. Taka Oka より:

    お世話になります。先日AutoOrderModifyFree.ex4をダウンロードさせていただきました。
    まずはデモでテストしましたが、いくつか問題点がありますのでどうすれば良いのか教えて下さい。

    1パラメーターの表示が貴HPの画面と違います
    HPの画面では以下の通りですが
    StartTrailingStop(pips) 10
    TrailingStopStep(pips) 0.5

    SetBreakEven(pips) 30
    BreakEvenProfit(pips) 1

    この様に表示されます
    TrailingStop(pips) 10.0
    TrailingStop(pips) 0.5

    BreakEven(pips) 30.0
    BreakEven(pips) 1

    意味は同じと思い多少アレンジして設定しました。具体的には以下の様に設定しました。

    2ところがすぐに決済注文されてしまいます。
    ポジションを持って数秒後に数pipsマイナスで決済されてしまいます。
    具体的には
    GBPUSD を 時間12:00:02 sell1.23324 でポジションを持ちましたが
    時間12:00:04 に 1.23338で決済されてしまいました。
    その他のポジションでも同じです。十数回連続で同じ結果が出ました。
    デモでもリアルでも同じでした。0.01 0.02通貨単位でテストしたのでほぼすべてマイナス数十円となりました。

    パラメーターの設定は以下の通りです

    StopoLoss(pips) 20.0
    TakeProfit(pips) 0
    UseTrailing true
    TrailingStop(pips) 20.0
    TrailingStop(pips) 0.5
    UseBreakEven true
    BreakEven(pips) 20.0
    BreakEven(pips) 3.0

    TakeProfit(pips) 0が問題かと考え後に300.0にしてみましたが結果は同じでした。
    なお表示はパラメーター画面そのまま書き写しました。
    BreakEven(pips) も画面のままです。

    デモの方で正常に作動した例もありますが、条件は同じだったはずです。
    これはどのように設定したらよいでしょうか?
    なにか私が勘違いしているでしょうか?
    尚これ以外にはEAを二種類同時に使用してみましたので、それらが干渉している可能性はあるでしょうか?

    お名前.com デスクトップクラウドの1GBで楽天MT4を10台同時に動作させています。
    大変に御手数をお掛けしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

    • emija より:

      同設定にて当環境で同一パラメーターを設定してみましたが、現象は再現しませんでした。

      他のEAが干渉している可能性はありえます。

      • Taka Oka より:

        お世話になります。
        EAを一つ停止して、一つに絞った所正常に作動しました。
        ロジックが似たEAだったために干渉しあってしまったようです。
        こういう事もあるんですね。
        わざわざ検証していただきありがとうございました。
        emija様

  11. 井口 より:

    さっそくインストールさせていただきました!
    すみませんが質問です。損切り設定を20→5へ、利食いを100から10に設定したのですが、成り行き注文をしたところ動作しませんでした。

    インストール時の設定のまま、損切り20利食い100設定だと動作しているのですが、あまりにも値幅が小さいと機能しないのでしょうか?

    • emija より:

      当ソフトウェアからは制限していません。
      ブローカー側の制限(ストップレベル等)ではないでしょうか・・・?
      注文に失敗してる場合にはエキスパートログにエラーコードが出力されるので、それも参考になると思います。

  12. Kitami より:

    はじめまして。こちらのEAを愛用させていただいております。

    ブレイクイーブン機能についてですが、指値/逆指値注文の際、「BreakEvenProfit(pips)」を0.0に設定すると、正常に動作しないようです(注文と同時にストップロスが建値に移動してしまう)。成行注文では問題ありません。以下は、当方のAutoOrderModifyの設定です。お手数ですが、作者様のほうでもご確認のほどお願いできますでしょうか。

    StopLoss(pips):10.0
    TakeProfit(pips):10.0
    UseTrailing:false
    StartTrailingStop(pips):0.0
    TrailingStopStep(pips):0.0
    UseBreakEven(pips):true
    SetBreakEven(pips):5.0
    BreakEvenProfit(pips):0.0

    • emija より:

      当無料ツールの開発は終了しております・・(現在、サポートしておりません。有償版ではこの問題に対応済みです)
      大変恐れ入りますが、影響の無いように設定を変更してご利用ください(BreakEvenProfitが0以外であれば問題ないようなので0.1等いれてみてください)

  13. MK より:

    お世話になります。先日AutoOrderModifyFree.ex4をダウンロードさせていただきました。
    パラメーターの表示が以下の通りですが
    StartTrailingStop(pips) 10
    TrailingStopStep(pips) 0.5

    SetBreakEven(pips) 30
    BreakEvenProfit(pips) 1

    ココおかしくないですか?
    TrailingStop(pips) 10.0
    TrailingStop(pips) 0.5

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。