【WildCatSniper】UTCOffSetにはブローカーの夏時間を設定してください!

 

WildCatSniper

UTCOffSetは+3のままの方が成績が良い?

友人から「ずっと+3で稼働してきた。+2で試してみたけど+3の方が良いよ」という連絡がありました。

こちらが送られてきた+2での稼働結果。

20161208-fxcc-gmt2

残念ながら赤字になっています。(稼働期間は直近2週間程度だと思います)

20161208-fxcc-gmt3

ずっと稼働してきた+3の方は順調に勝っています。

私の方でも実は去年までは+3で稼働していたのですが、「FXDDのデータは+3に調整されているとのことなので、冬は+2にする方が正しいはず」と考えて今年の1月か2月頃に変更したという経緯がありまして‥稼働実績としては+3で稼働していた期間の方が長く、このデータを否定する情報を今は持っていません‥。

これから私の方で+3と+2の両方稼働して結果を確認していきますが、ご購入のお客様は大変申し訳ございませんが「冬時間」ではなく「夏時間」の方を設定していただきますようお願い致します。(内部で+1時間加算する、、という処理は入れていませんので、サマータイムになってもそのまま稼働しておけばOKになります。)

以上、よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 匿名希望 より:

    MaxSpreadの設定はそのままで良いのでしょうか?
    TitanFXブレード口座で、EURCADをWildCatSniper_EURCAD.setの設定でGMTOffsetを2に
    して運用していますが、GMTOffsetを3にすると、サーバー時間の0時台と一番スプレッドが
    広がる時間帯になります。
    TitanFXブレード口座でEURCADのスプレッドのログを取ったことがあるのですが、
    MaxSpread=2.1だと、全くエントリーしなくなると思われます。
    その辺を加味してWildCatSniper_EURCAD.setは設定されていると思っていたのですが。
    MaxSpreadの設定について、ご確認をお願いいたします。

    • emija より:

      そうなんですか・・・。すみません、EURCADのスプレッドについては調べていないです‥。
      来週、調べてみます。。

  2. 購入者 より:

    Alipari Limitedでのバックテストだと、EURCADはUTCOffSet=3、EURGBPとGBPUSDはUTCOffSet=2が最適になります。リアルとバックテストの差はさて置き、UTCOffSetが1ずれるだけで、右肩上がりが右肩下がりなるのは問題です。
    友人さんのトレード結果とバックテストの結果、どちらを信じて設定すれば良いか判断が難しいです。
    期待しているEAですので、安心して利用できるように調査をお願いします。

    • emija より:

      2週間の結果ですので参考程度のデータです。(+2の場合はずっと右肩下がりになります、とういうことではありません)
      FXCCで+3でずっと稼働してきて問題なかったという結果は無視できないと思っています。(私も去年までは+3でずっと稼働してきました)
      まずは稼働実績の長い方を正とする、ということで今回+3への変更をお願いいたしました。
      しかし、Alpariでバックテストして、Alpariで稼働させるのでしたらAlpariのバックテストに合わせても良いかもしれません。

      リアルトレードでどちらのパフォーマンスが良いか、ということについては今後、私の方でも並行稼動させて調査していきます。調査結果につきましては随時、公開いたします。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。