無料MT4用Vixインジケーター Vixind 公開

 

Vixind(ゔぃくしんど)とは

CBOE(シカゴオプション取引所)が公開しているVIX指数(S&P500から算出したボラティリティ指数)をMT4のチャートに表示するインジケーターです。

CBOEがCSVで提供している日毎の情報を取得、描画します。
また、分毎のデータを当方のサーバーで取得・保存しており、その分毎のデータを表示することも可能です。
さらに最新の情報を取得、チャートに描画します。

なお、本製品は開発版(ベータ版)であり正式製品版ではございません。

日毎の情報は日足で表示すると綺麗に表示されます。

既定値では取得した終値をそのまま描画しますが、時差を考慮したい場所や使用する値を終値か始値、高値、安値に変更することも可能です。

分毎情報

パラメーターのUseMinuteDataをtrueにすると分情報を取得、描画します。

サーバーでは1分、5分、1時間毎のデータをそれぞれ取得しており、1分足では1分毎データを、5分、15分、30分足では5分毎データを、そして1時間、4時間足では1時間毎のデータを使って描画しています。

なお、1分データはかなりデータ量が多く、描画時間が長くなるのでご注意ください。(チャートに適用してから表示されるまで時間がかかります)

分毎データの制限事項

設計の都合でMT4標準の時間(1分、5分、15分、1時間、4時間、日、週、月)以外では正しく動作しない可能性があります。

また、1分毎データは過去3日分、5分データは14日分、1時間データは30日分が限度となっております。(設計上の問題ではなく、サーバーの不可などを考慮して制限を入れております。今後、状況をみながら制限を緩和することも考えております。)

DownloadPeriod(days)に上記の日数以上の値を入力しても、制限された日数を超えて取得することはできません。予めご了承ください。

開発版の制限事項

現在の所、開発版の制限事項はございません。

日毎データにつきましては以後も無償でご利用できる予定です。

分毎データにつきましては正式な製品版で有償になる可能性がございます。(まだ決まっておりませんが、サーバーの費用や保守、お問合せ対応などの作業が発生いたしますので、可能性は高いです)

正式な製品版にて分毎データが有償となりましたら、この開発版では分毎データが使用不可能になります。(UseMinuteDataをtrueにしても分毎データが表示されなくなります)

予めご了承ください。

ダウンロード

下記のリンクからダウンロードできます。クリックでダウンロードできない場合には、「リンクの上で右クリック→ファイルとして保存」を選択してダウンロードしてください。

Vixind.zip

インストール方法

他のインジケーター同様、Indicatorsフォルダに入れると稼働します。

ただし、「DLLの使用を許可する」にはチェックを必ずいれてください。

詳細は同梱のVixind.pdfファイル3ページ目「Vixindのインストール」を御覧ください。

Vixindの設定

チャートにそのまま適用するだけで日毎とリアルタイムのデータは表示されます。

分毎データを表示したい場合にはUseMinuteDataをtrueに変更してください。

時差調整用のパラメーターもご用意しております。ご自身でご調整ください。(時差に関する問い合わせをいただくこともありますが、本ツールでは一切サポートいたしません‥。ご自身の力で解決願います。)

注意事項

リアル口座でご利用になる前に、まずはデモ環境等で動作をご確認ください。
当ツールを利用したことに関連して生ずる損害について、一切責任を負いません。(自己責任でお使いください)

ご購入者は個人使用・業務使用に関わらず自由にご使用いただいて構いませんが、当ツールの加工・販売は禁止とさせていただきます。

当ツールをご紹介いただいても構いませんが、ダウンロードは当ページから行っていただくようお願い致します。

不具合などがございましたら、当ブログのコメント欄にお願い致します。(メールをご利用の場合には説明書に記載のメールアドレスにお願いたします。)

ご利用方法の問い合わせなどはご遠慮ください。(自助努力でご解決いただきますようお願い致します‥)

開発後期

コロナウィルス蔓延によりVix値が急騰しまして、毎日Vixを確認するようになりました。

わざわざCBOEのページを見に行くのも面倒でMT4のインジケーターを探しましたが、「現時点で動くもの」が見当たらず、それならば「作ろう」と思って開発した次第です。(海外製のはありましたが、私の環境では動作しませんでした)

せっかく作るなら「付加価値のありそうなもの」にしようと考えて分毎データを取得・表示できるようにサーバーを用意して‥などとやっている間に時間が経ってしまい、公開するころにはコロナウィルス相場は落ち着きを取り戻していました‥(苦笑)

‥アイコンの作成を依頼したものの、作成者のパソコンが壊れてしまってアイコンがなかなか出来上がってこなかった‥というのも遅くなった理由にあります。

それでも、普段からVix指数を気にしている人は少なくないはずですし、たぶん役に立つ人はいるでしょう‥。

当ツールが皆様のトレードのお役に立ちましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。