勝率を上げるための方法

   2014/06/24

 

昨日の結果

ぱっと見テクニカルの形状比較を使用したバイナリーオプションの結果から。

【結果】8戦6勝2敗

負けたのは10分足を使用した1hのバイナリーオプションに仕掛けた場合のみです。

4hと22hは無敗。

慎重に仕掛けているので勝率は良いのですが、なかなかシグナル(3本の矢印が同一方向に向く)がでないのが難点です・・・。

 

別の仕掛けを模索する

シグナルがでなくて暇なので形状比較は無視し、ぱっと見テクニカルの他の機能を使ってみました。

パターン分析や売買シグナルで「買」や「売」が強いものに対して、その方向に仕掛けます。

【7/26の結果】6戦1勝5敗

トレンド転換のタイミングだったのか、ポンド/円やポンド/ドルに売り(short)で仕掛けたトレードが散々な結果に・・・

【7/27の結果】6戦6勝0敗

トレンドが転換したようで、上昇トレンドに。

豪ドル/円や米ドル/円で円安方向(long)に賭け続け6戦6勝。

27日は形状比較も含めて14戦12勝2敗とかなりの好成績となりました。

 

トレンド方向に仕掛ける

今のトレンドが上げなのか、下げなのかをチャートの形状やパターン分析、売買シグナルをみながら判断して仕掛けると勝率が上がります。

ぱっと見テクニカルの形状比較分析はあんまりつかえn…げふんげふん、いや、まだ諦めるのは早いですかね・・・?

勝った方向に仕掛ける

「勝った」ということは「仕掛けたトレンド方向が正しい(可能性がある)」事を意味しているため、その方向にどんどん仕掛けてよいと思います。

ただし、1回でも負けたら「勝った方向に仕掛ける」は終了です。(トレンドが間違っているか、変わった可能性があります。)1度リセットしてトレンドの方向から見直してみましょう。

また、トレンド方向に大きく上げた後(下げた後)も戻りやすいので控えた方がよいでしょう。

トレンドの方向が良く見えないときはトレードをお休みしましょう。(休むも相場、ですね)

 

このあたりに気をつけるだけでも勝率はグンと上がると思います。

 

 

たぶんね(笑)

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。