【無料インジ】トレンドの転換点を表示してくれるインジケーター MA TREND SG

 

MA TREND SG

今日は無料インジケーターの検証です。

まずはこれをご覧ください。

MA Trend SG

これはユーロドルの日足です。(デフォルト設定でローソク足に表示すると見づらいのでバーチャートにしています)

水色の丸が売りトレンドへの転換、白丸が買いトレンドへの転換を示しています。

※赤い枠は私が追加しました

かなり正確にトレンド転換を示唆しています。そして・・・昨日は売りのシグナルが点灯して終わっています!

短い時間の場合はダマシが増えますが、トレンドさえ出ていればかなり正確に転換点を表示してくれます。

まったくもって無名のインジケーターですが、なんだか良さそうなインジケーターですね!

ダウンロードはこちらから⇒MA TREND SG

EAを作って検証

良さそうだと思っても、これで勝てるかどうかは検証してみないとわかりません。

EAを作って「○が表示されたら次の足で仕掛ける。逆のシグナルが出たら手仕舞いする。」という条件で作ってみたところ、PFは0.8程度。(1時間足でテスト)

ビジュアルモードで確認してみると○が表示されていないところで仕掛けたり、手仕舞いしたり。

○が表示されているのに仕掛けていなかったりと謎の振る舞いをしていました。

また、レンジ相場では(当然ながら)まったく勝てません。。

デモ口座で検証

デモ口座を使って検証してみたところ、「○が表示されて足が確定した」という条件で仕掛けてから逆方向へ動くと○がキャンセルされる事象が発生・・・。

別のタイミングでは「1本前にあったはずの○が3本前に移動」しました。

どうやら、「最新の情報を元に再描画」するようです・・・・。

デフォルト設定では4本みているようなので、足が4本確定するまでは「再描画される」ということでしょうか・・・。

えぇ~!?

 

パラメータについて

The parameter P = 4 – a period moving average.

Timeframes for H4 and D1 the value of P can be less than 4,
Timeframes for M30, M15, M5, M1 P value can be greater than 4.
Parameter PriceConstants – a method of calculating the price in the indicator.

You can change the prices in the indicator calculation of the indicator using PriceConstants:
PriceConstants = 0 – PRICE_CLOSE – Closing Price
PriceConstants = 1 – PRICE_OPEN – Open
PriceConstants = 2 – PRICE_HIGH – Maximum price
PriceConstants = 3 – PRICE_LOW – Lowest price
PriceConstants = 4 – PRICE_MEDIANL – Median price, (high + low) / 2
PriceConstants = 5 – PRICE_TYPICAL – Typical price, (high + low + close) / 3
PriceConstants = 6 – PRICE_WEIGHTED – weighted average price, (high + low + close + close) / 4

Pというパラメータが移動平均の本数で、PriceConstantsがどの値を使って移動平均を計算するか指定できます。

4時間や日足は4よりも小さくても良く、30分足より短い足では4よりも大きくても良いとあります。

僕は(大まかに言って)1時間足と5分足を使って1時間足が示すトレンド方向と5分足が示すトレンド方向が揃った場合に仕掛けるという使い方をしていました。(実際にはサポレジや、レンジ相場かどうかも判断材料にしています)

EAを使ってこのロジックを試したところ、5分足のPは6の時が一番良いようでした。(1時間足は変えていません)

EAでは利益が出ませんので、これを単体で使っても勝てないことはハッキリしていますが、トレンドの判断材料には使えるかもしれない・・・と思って、今もチャートに表示させています。(裁量トレードはあまりしないのですけど(笑))

「トレード時間はどうか(ロンドン~NY市場が良いと思う)」「レンジ相場かどうか」「トレンドに勢いはあるか」「強いサポートライン・レジスタンスラインが近くに無いか」「指標発表はあるか」・・・といったことを考慮して使えば勝てるのではないかと思っています。(それを言うなら移動平均のクロスでも勝てるんじゃないの、という話になりそうですが)

もし興味がありましたら使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 後藤充孝 より:

    はじめまして

    MA TREND SG の記事を拝見させていただきました。

    私も使用してみたいと思い サイトへ行きましたが

    ダウンロードが上手くいきませんでした。

    何かコツなど必要でおれば教えていただけますとありがたく思います。

    よろしくお願い致します。

     後藤充孝

    • admin より:

      左のDownloadボタンをクリックしたあと、表示されるポップアップ画面の Yes, I have MetaTrader4 をクリックしてください。

      ここでMetaTrader4が起動後、ぽふっ!と音がしたらインストール成功です。
      (MetaTarder4が起動しない場合はMetaTrader4を再インストールしてみてください)

      わかりづらいのはIndicatorsフォルダの直下ではなく、Indicatorsフォルダの下にMarketフォルダを作成して、そこにインストールされるところでしょうか。

      mql5.com のMarketでダウンロードすると全部Marketフォルダにインストールされます。
      (Indicatorsフォルダの直下に移動しても動作します)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。