今週のトレードについて…

   2017/01/08

WildCatSniper

年明けで荒れる可能性があるため、年初は少し様子をみようと考えて停止していました。

来週月曜日から稼働させていきます。

というわけで、今週のトレード結果はございません‥、

WildCatScalperの設定の見直し

WildCatScalperの設定の見直しとAlpariのヒストリカルデータでバックテストした結果を公開したいと思います。

MartingaleModeについて

最新のヒストリカルデータを使ってバックテストしたことで気がついたのですが、去年の末頃に発生したEURGBPの動きは過去データでも例が無く‥これに耐えるような初期Lotにすると通常のトレードではあまり利益にならないことがわかりました。

EURCADについても、「同じことが発生する可能性はある」ためこのモードについては推奨しない方針に決めました。(機能の削除はしません)

新設定とAlpariのヒストリカルデータでのバックテスト

UTC+2を基準値として揃えつつ、EURGBPとGBPUSDについては稼働時間(OpenTime/CloseTime)も変更しています。

EURGBPは稼働時間を減らした代わりに、フィルターをtrueからfalseにしてトレード回数を増やしています。

バックテスト条件:期間は2005年1月1日~2016年12月31日、時間軸は5分。

EURCAD

ws000247

PF 3.86。設定はほとんど変えていません(UTC+3から+2にしていますが、OpenTimeとCloseTimeもその分シフトしました)

※AutoLotのRiskは5から20に変えています。(全通貨ペア)

EURGBP

ws000248

PF 3.01。相当良くなりました。(現行設定での公開バックテスト結果では1.74でした)

EURGBPは大きく負けることもありますが、最大ドローダウンは9.97%と(ギリギリ)10%未満に収まっています。(10%未満を目標に設定しています)

後はリアルでどれだけ通用するか‥ですが、現行設定よりは良いはず‥と思っています。

GBPUSD

ws000249

PF2.18。GBPUSDも良くなりました。

 

これらの設定は来週から動作確認を行い、問題なければ公開する予定です。

早朝の「戻りやすさ」を使った逆張りEA「WildCatSniper」【無料版あり】
WildCatSniperとは むかし流行った(日本時間)早朝の「取引量が少ない時間帯には、大きく動きにくい」という市場の特徴をエッジ(優...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。