Vixind Ver1.01更新のお知らせ

 

Vix指数インジケーター Vixindを更新しました。

  • サーバー時差の自動設定(手動設定の廃止)
  • シカゴ時差の自動設定(手動設定はON/OFF可能)

EATradeStopで開発したサーバー時差自動設定をVixindにも入れました。

ServerOffsetGMTは不要になりましたので削除しています。

また、シカゴ時差も同様に自動設定できるようにしました。

あえてシカゴの時差以外を設定したいケースも考えて手動設定も残しています。

UseAutoCBOEOffsetがtrueの場合には自動で設定しますが、falseにすると手動設定が有効になりCBOEOffsetGMTに入力した値で表示します。

ダウンロードはVixindのページからお願いします。

無料MT4用Vixインジケーター Vixind 公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。