DAILY FXのCSVデータが取得できなくなった件について

 

DAILY FXのCSVデータが取得できなくなりました

新商品「EAを停止するスクリプト」販売に向けて準備を開始しました。

その際に「やはり指標情報の日本語翻訳は必要だろう」と考えて翻訳作業作業に取り掛かろうとしたときのことです。

…スクリプトを実行しても指標情報が表示されません。デバッグで追ってみると指標情報が取れていませんでした。

DailyFXのCSVデータが取得できなくなっていたのです・・!

今週の指標データだけではありません。過去の指標データすべてが”Permission denied.”。つまりアクセス拒否です。

がーん…。

おそらく「アクセス拒否」するようにディレクトリ(フォルダ)の権限を設定したのでしょうから、「勝手に触んな」ということなのでしょう‥。

何年も前から使えたのに‥どういう心境の変化でしょう‥?使われていることを知らなかった‥ということはないですよね。だとしたら「おまえらのセキュリティどうなってんの」という話になります(苦笑)

そのようなわけで、販売直前にして暗礁に乗り上げました!どうしましょうか‥

forexfactoryのカレンダーデータ

一番手っ取り早いのはforexfacotryが公開しているXMLデータです。

他所のEAの「指標発表フィルター」はこれで実装・販売しているものもいくつかあります。

しかし、このXMLデータは「時々間違っている」ことがあるんですよね‥。(私は過去2回ほど目視で間違いを発見しています。他の方から「違いがある」と連絡いただいたこともあります。)

Webページのカレンダーは修正されるのですが、XMLデータの方は修正されないため「WebページとXMLデータに違いが生じる」ことがあります。(1年以上前の調査なので、今現在も「違いが生じている」かどうかは不明です)

Webページ(HTML)から取得する

素直にWebページから取得する方法です。

forexfactoryのWebページは間違っていても修正されるため、データの信頼性が高くなります。

ForexFactory

問題は「解析しづらい」ことでしょうか‥。

HTMLは「人間が目で見るために特化したマークアップ言語」として作られているので、プログラムがデータを取得するための物ではありません‥。

ですが、XMLで取得する場合「間違っていることがあるとわかっていながら実装する」ことになってしまいます。

ここはちょっと頑張ってでもWebページから取得するべきではないでしょうか…?

どのWebページ(HTML)から取得するか?

Webページから取得するのであれば、forexfactoryである必要性はまったくありません。

DailyFXでも良いですし、日本のFXブローカーが提供している指標情報ページでもOKです。

日本のブローカーが提供している指標情報ページを使えば、翻訳などという面倒な作業も必要なくなります。

というわけで…ちょっとご質問です。

日本のブローカーから指標データを取得するとしたら、皆様はどこを参照されているでしょうか。

私は「みんなの外為」という企業のカレンダーを見ることが多いです。

みんなの外為

単純に「”指標” ”FX” という語句で検索して最初にヒットしたから」というだけの理由ですが‥。

ただ、「指標情報が少ない」ような気もしています。

※実際に、先程撮ったForexFactoryの画像と比較するとフランスのPMIがありませんでした。

他の企業(マネーパートナーズとか)でも、どこでも良いのですが信頼性が高く、抜けの無い(少ない)ところが良いのではないかと思っています。

マネーパートナーズ

※マネパはフランスだけでなく、シンガポールも入っていますね。こちらの方が良いかもしれません。

INVESTINGのように一日分表示ではなく、週間表示の方がデータ取りやすくて良いです。

もしよろしければ、「ここがいいよ」という情報をコメント等でお知らせ頂けますと幸いです。

(なければとりあえずマネーパートナーズのカレンダーにしようかと思っています。データ取得しづらかったら変えるかもしれませが‥)

他にも使えなくなったツールが・・・

実はDailyfxのデータを使っていたのは今回作っていたスクリプトだけではありません。

昔、「MT4のバックテストで指標発表を回避する!」というツールを作っていまして、これもDailyFXのカレンダーデータを使っています。

MT4のバックテストで指標発表を回避する!FXCalendarDownloaderとFXCalendarCheckerの使用方法

過去のカレンダーデータを取得する方法は(私が知る限りでは)この方法しかなかったのですが。

このツールも使えなくなってしまいました;;

一応、古い過去データは置いてあるのでそれで動かないことはないですが最新データでのテストはできなくなってしまいました。

まとめ

というわけで‥

  • EAを停止するスクリプトの販売延期(指標情報取得の再開発)
  • FXCalendarDownLoaderも使えなくなりました

というお知らせでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

    • emija より:

      ありがとうございます。
      ふむふむ・・時間は日本時間に調整されているんですね。
      ・・・データはFXStreetから取得しているようです。調べてみるとデータ提供もされているみたいです。
      http://www.fxstreet.jp/syndicate/calendar/
      プロフェッショナルカレンダーはXMLでの提供もできるとか。費用がいくらくらいなのかわかりませんが・・
      何十万とかするのであればちょっと手が出ませんが。。。
      ちょっと問い合わせてみます。情報ありがとうございました。

      ※本文に書き忘れましたが、データ取得先は日本語のサイトと英語のサイト、2パターン用意するつもりです。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。