エンベロープ

公開日:  最終更新日:2014/06/24

エンベロープは、(主に)1本の移動平均線から一定のパーセンテージで乖離したバンドを上下に伴ったもの。

エンベロープはボリンジャーバンドに似ているが、ボリンジャーバンドよりも前からあった指標である。

 


 

【計算式】

上バンド = 移動平均 + (移動平均 × N%)

下バンド = 移動平均 - (移動平均 × N%)

Nは市場や商品などで変化する。

 


<エンベロープを使用したテクニカル分析>

主な使用方法は2通りある。

 

[トレンドフォロー(順張り)として使用する]

1.価格がバンドを超えたら、超えた方向へ仕掛ける。

(上バンドを超えたら買い、下バンドを超えたら売り)

2.仕掛けた後、反対側のバンドを超えたら手仕舞いし、超えた方向へ仕掛ける。(ドテンする)

 

[カウンタートレード(逆張り)として使用する]

1.価格がバンドに近づいたら逆方向に仕掛ける。

(上バンドに近づいたら売り、下バンドに近づいたら買い)

2.そのまま価格が動き、バンドを超えたらロスストップ(損切り)

3.仕掛けた後、逆方向のバンドに近づいたら手仕舞いし、逆方向に仕掛ける。(ドテンする)

 

<参考書籍>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑