MT4BackTester(MT4バックテスト補助ツール)でスプレッドを固定する方法

   2016/11/24

最新版のMT4BackTesterではスプレッドの指定ができるようになりました。

旧版をご利用の方はお手数ですが最新版をダウンロード願います。

MetaTrader4バックテスト効率化ツール「MT4BackTester 2.1.0(フリーソフト)」リリースのお知らせ

※最新版では以下の設定は不要になります。

SpreadChangerとMT4BackTesterの併用

MT4でバックテストを行う際の問題として、休日などではスプレッドが広がっていて正確な(実際のトレードに近い)バックテストができないことがあります。

そういう時に活躍するのがfaiさん謹製SpreadChangerです。

 

そして、このツールはMT4BackTesterという僕が作ったバックテスト補助ツールと併用することができます。

MT4BackTesterは「異なる通貨ペア」や「異なる時間足」を変更しながら連続バックテストを行う補助ツールです。

こちらの記事からダウンロードできます。ぱっと見て「どうやって使うのかわからん」という方は、裕-ひろ先生がインストール方法から使い方まで丁寧に解説してくださったので、そちらをご覧くださいませ。

MT4のEAのバックテストを自動で複数種類する方法 (裕-ひろ先生の解説ページ)

 

併用する際の注意点

SpreadChangerの説明にあるように「プロキシサーバを有効にする」にチェックをつけるだけではサーバとの接続が切れず、スプレッドが更新されてしまうことがあります。

そのような場合には「プロキシサーバを有効にする」にチェックをつけたあと、プロキシ・・・ボタンをクリックして、サーバに2文字以上の半角英数字を適当に入れてください。

MT4プロキシ設定

あとはSpreadChangerでスプレッドを変更&起動時にサーバ接続しないようにしたMetaTrader4をBackTesterのインストールフォルダに指定してあげればOKです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。