窓(ギャップ)を表示するインジケーター「GapCheck」を改修しました

公開日: 

週明けの窓をチェックするための「GapCheck」というインジケーターを2年前に公開したのですが、MT4がBuild600になってから一部表示が崩れてしまっていたものを、今頃修正しました・・・(遅っ

Build600になってから崩れたのは知っていたのですが「あまり使われていないだろう」と思っていたのです。

しかし、今年になってから数件の問い合わせや、「使っています」という声を聞く機会があったので「一応修正しておくか・・・」と重い腰を上げました(笑)

GapCheckインジケーター修正点

GapCheck

週明けの窓を数字とラインで表示して、ついでにMACDで判断したトレンド方向を表示するインジケーターです。

今回の修正ではさらに・・・

  • ギャップ(pips)の表示位置や色が変更可能、非表示とすることも可能。
  • 各種ラインの表示色が変更可能。(noneにすると非表示にできる)
  • MTF MACDの表示/非表示切り替えが可能
  • MTF MACDの表示位置や微調整が可能
  • 「小数点以下桁数パラメーター」の廃止(自動取得に変更)

これらの機能の追加/修正を行いました。

インジケーターの詳細およびダウンロードは以下の記事に記載しておりますので、そちらをご覧ください。

窓チェックインジケーター[GapCheck]

発生していた問題点

Build600以降の日本語版WindowsではWingdingsの224番目以降がObject表示できないという問題でした。

Wingdingsフォントで表示できない絵文字がある

toyolaboの記事・・・MT4の入門書を書いている豊嶋久道さんのブログですね!(忘れずにRSS登録!)

Wingdingsフォントというのはチャート上に表示する絵文字のようなもので、使えなくなって困ったのは矢印のフォントです。

通常の文字では右上、右下、左上、左下といった格闘ゲームで使いたいような斜め矢印が表示できたのですが、Build600から使えなくなって表示が崩れてしまいました。

先ほど紹介した記事によると簡単な対処法はないらしく・・・この修正に時間をかけたくなかったので、今回は斜め矢印を諦めるという方針にしました。

強いトレンドなのか、少し弱いのかは「色」のみで判断してもらうことになります。(そもそも、このオマケでつけた機能を使っている人がいるのか?という疑問があるのですが(笑))

週明けの窓を使ったトレードに関しては優位性があると思っていますので、もしよろしければ使ってみてください。

※ちなみに2週間ほど前にも大きな窓が開いた後、窓埋め(閉め)をしています。(ユーロドル)

WS001433

当然、「必ず開いた窓が埋まる(閉る)」とは限りません。

上図のように綺麗に動くことの方が少ないですが、これを知っているのと知らないのでは大きな差があると思います。

窓埋めの有効性について

窓埋めの有効性について【まとめ】

インジケーターダウンロード/詳細説明

 窓チェックインジケーター[GapCheck]

ちなみに無料EAもあります。

週明けの窓を使ったEA

週明けの窓を使ったEA SundayTrader まとめ

ややムラがありますが、そこそこ勝てます。

以上です!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑