指定した曜日や時刻にEAを稼動、指標発表前後は停止するExpertAdvisorStopのバージョンアップのお知らせ

 

ExpertAdvisorStop

ExpertAdvisorStopバージョンアップのお知らせ

指定した曜日や時刻にEAを稼動したり、経済指標発表前後に停止することができるインジケーター「ExpertAdvisorStop(フリーソフト)」のバージョンアップを行いました。

今回は「不具合修正」になります。

修正内容

ExpertAdvisorStopでは、EA停止時に「ポジションをクローズする」設定にしているとすべてのポジションをクローズするため、同梱のAllCloseスクリプトを実行するように作っているのですが、このスクリプトが実行されないことがありました。

キーボードショートカットをプログラムから実行することでスクリプトが実行されるようにしていたのですが、状況によっては「ショートカット実行」が作動しない不具合がありましたので、これを「ファイルによる停止命令」に変更することで状況に左右されずに実行されるように修正しています。

アップデート方法は以下に記載します。

これからインストールされる方は指定した曜日や時刻にEAを稼動、指標発表前後は停止するインジケーターExpertAdvisorStop公開(フリーソフト)をご覧下さい。(詳しい内容や使い方を記載しております)

アップデート方法

1.以下のファイルをダウンロードして解凍した後、データフォルダのMQL4のIndicatorsフォルダにExpertAdvisorStop.ex4を上書き、ScriptsフォルダにAllClose.ex4を上書きしてください。(FFCal_miniJP.ex4は変更していないので入れ替える必要はありません)

ExpertAdvisorStop.zip

※クリックでダウンロードされない場合には、右クリック→対象をファイルに保存 等でダウンロードしてください。

2.次にMT4を起動(再起動)するか、起動済みの場合にはナビゲーターの「インディケーター」で右クリックメニューを表示し、「更新」してください。

インディケーターアップデート

3.ExpertAdvisorStopの設定をよく確認の上、問題なければOKボタンを押して下さい。(最新バージョンは1.04です。正しく更新されているかバージョン情報のバージョン番号をご確認下さい)

4.AllCloseSciptをExpertAdvisorStopが設置されているチャートへドラッグ&ドロップしてください。スクリプトが実行されます。

※キーボードのショートカットは使用していないので削除していただいてかまいません。

5.チャート上で右クリックすると、スクリプトが実行されていることを確認できます。

スクリプトの削除が表示されます

※「スクリプトの削除」というメニューが表示されるようになります。(スクリプトが終了してしまいますので、クリックしないでください。)

※スクリプトの最新バージョンは1.01です。旧版の1.00はスクリプトを実行してもすぐに終了するため、「スクリプトの削除」が表示されません。「スクリプトの削除」が表示されていればアップデートされています。

アップデートは以上です。

最後に

実はかなり以前から不具合の報告をいただいていたのですが、有料ソフトの修正に力を入れておりフリーソフトの修正は後回しになっていました…。

長らくご不便をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

以上、「指定した曜日や時刻にEAを稼動、指標発表前後は停止するインジケーターExpertAdvisorStopバージョンアップのお知らせ」でした。

その他開発ツール等

開発ラボ」に開発したツールの一覧があります。

ご興味がございましたら、ぜひご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。