Pepperstone,OANDA Japan,FXDD,Forex.com(UK)のスプレッド比較:最も狭い業者は!?

   2015/04/13

※こちらの記事は古い記事です。スプレッド調査の最新データは以下のリンクになります。

【MT4】MyfxMarkets,XM,OANDAジャパン,FXCMジャパンのスプレッド比較:最も狭い業者は?

スプレッド比較

Pepperstone、OANDA Japan、FXDD、Forex.com(UK)の4社についてスプレッド比較です。

僕はPepperstoneのRazor口座を持っているのですがPepperstoneが何らかの原因で使えなくなったときや一部のEAを稼動させるサブ口座として「スプレッドが狭い(らしい)OANDA Japan」のスプレッドを調査するために今回の比較を行いました。

※FXDDとForex.com(UK)は口座を持っていたのでついでに調べました。 スプレッド比較は以下の通りです。

スプレッド比較表

調査期間:2014年9月29日(月)~10月3日(金)

Pepper OANDA FXDD ForexUK
AUDNZD 2.7(0.9) 4.3(2.5) 5.6(4.0) 6.9(5.7)
AUDUSD 1.2(0.8) 1.7(1.6) 1.9(1.6) 2.5(2.2)
EURAUD 1.8(0.7) 2.6(1.3) 2.7(1.6) 6.4(5.7)
EURCHF 1.3(0.7) 1.9(1.0) 3.4(3.0) 2.1(1.7)
EURGBP 1.1(0.7) 1.7(1.0) 2.5(2.0) 2.6(2.3)
EURJPY 1.5(0.9) 1.4(1.3) 3.2(2.6) 2.6(2.2)
EURUSD 1.0(0.7) 0.8(0.8) 1.9(1.8) 2.2(2.0)
GBPJPY 1.9(0.9) 3.4(2.4) 4.1(3.0) 5.1(4.3)
GBPUSD 1.4(0.7) 1.5(1.3) 2.8(2.4) 2.7(2.2)
NZDUSD 1.5(0.8) 2.4(1.2) 2.4(1.6) 2.8(2.2)
USDCAD 1.3(0.8) 2.0(1.2) 2.4(1.6) 2.6(2.2)
USDCHF 1.2(0.8) 1.6(0.9) 2.1(1.6) 2.6(2.1)
USDJPY 1.1(0.8) 0.6(0.6) 2.5(2.4) 2.1(1.9)

※Pepper:Pepperstone Razor(手数料はスプレッドに換算して加算)

※数字は平均値(カッコ内は最小値)

※赤字が最も狭い平均スプレッドを提示した業者

※口座はすべてライブ口座

最狭スプレッド業者

最も狭いスプレッドは間違いなくPepperstoneのRazor口座です。

OANDA Japanも「狭い」と言われているだけあり、USDJPY、EURUSD、EURJPYの3つではPepperstoneのRazor口座よりも狭いスプレッドになっています。

日本向けのため、日本人が良く利用する通貨ペアで特に狭く設定してあるのではないかと思います。(GBPJPYはあまり良くないですが)

もうPepperstoneで良いのではないか?と考えてしまいますが、調査途中で恐れていた事態が発生しました

PepperStoneサービス停止のお知らせ(2014年10月2日受信)

件名:日本在住のお客様へ重要なお知らせ

Pepperstoneお客様各位 平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 ここ数ヶ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と密接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規定について話し合いを進めてまいりました。

現在、Pepperstoneでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、同許認可を取得するまでの間、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。

上記決定を受け、本日2014年10月2日(木)以降、日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。

また、既存のお客様に関しましては、2014年12月31日(水)までお取引を続けて頂くことは可能ですが、12月31日の全ポジション決済・口座閉鎖に向けて保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。

なお、こちらの決定は、日本在住のお客様のみ対象となります。

これからの口座開設は停止、既に口座を開設している場合も12月31日で口座閉鎖。

今年一杯は大丈夫のようですが、来年は別の口座で取引を行う必要があります。

とりあえず候補はOANDA Japanですがレバレッジが25倍までしか使えないため、ここ一本に絞ることはできません。(複数のEAを同時に稼動させるため、一時的に大きなロットを持つことが予想されます。)

当初は「メイン:Pepperstone/サブ:OANDA Japan」で、まずは一部のスキャル系EAをOANDAに移行する想定でしたがPepperstone以外のメイン口座を別途探す必要がでてきました。

まずは最近ちょっとしたツテで知り合ったiGaitameを来週から調査予定です。 iGaitame以外にも「MT4を使用」できて「スプレッドが狭い」業者をご存知の方がいたら、コメントやメール等でご連絡いただけますと幸いです。

調査ツールについて

今回調査に使用したツールは「SpreadLogger」というMT4自作スクリプトと「SpreadLoggerAnalyzer」という自作プログラムになります。

SpreadLoggerAnalyzer

MT4にスクリプトを設定してログを出力し、そのログから以下の情報を算出します。

・全データの平均スプレッド、最大スプレッド、最小スプレッド

・週毎の平均スプレッド、最大スプレッド、最小スプレッド

・時刻毎の平均スプレッド、最大スプレッド、最小スプレッド

・手数料合算(Pepperstone用のため豪ドルのみ)

他にも似たようなツールを作られている方がいまして・・・

自分の使っているブローカーで、EAの稼働時間における正しいスプレッドを取得してみたり。

こちらは「手数料合算機能」はありませんがグラフ表示されます。

Excelをお持ちの方はこちらも良さそうです。(僕はExcel持っていないのです・・・)

SpreadLoggerの使い方とスクリプトとプログラムのダウンロードは以下の記事で解説しています。

MT4でブローカーのスプレッドを調べる「SpreadLogger1.1.0」「SpreadLoggerAnalyzer 1.1.0」リリースのお知らせ(フリーソフト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。