ScalTradeAssistPro Ver1.31 リリースのお知らせ

 

ScalTradeAssistPro

ScalTradeAssistPro Ver1.31 リリース

ライントレードで発注する際に使用するラインの名称を指定可能としました。

Buy Limit、Sell Limit、Buy Stop、Sell Stopでライン上に設置する際に「指定した文字列を含むライン」を対象にします。(文字列を指定しない場合には今までどおりすべてのラインを対象にします)

【追加パラメーター】

VirtualLineName(Stop/Limit):疑似指値/逆指値がLineModeのときに使用するラインの名前です。入力した文字を「含む」ラインを対象にします。空欄の場合にはすべてのラインが対象となります。既定値は空欄。ViurtualModeがLineModeのときのみ有効です。

最新版はショップにログイン後、マイページからダウンロードできます。

FX研究日記別館 -ショップ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. MAX より:

    こんにちは。

    これはとていい改善だと思います。

    ただし、ラインモードでは事前に引いた水平線やTLが干渉して使えません。
    できればピッピスモードでも上記の機能やTL決裁ができるようになるといいのですが。。。。

  2. MAX より:

    こんにちは。

    上記訂正します。
    今回の改善で「指定した文字列を含むライン」の入力で他のラインの干渉を防ぐことができるようになりました。

    ただし、pipsmodeからlinemodeへの切替を同一チャート上で行うと機能しなかったり、誤動作が発生するので、同じ時間足をpipsmodeとlinemodeで表示しなくてはなりません。

    linemodeではピラミッドができなかったり、トレンドライン決裁ができなかったりの制限があります。

    技術的には門外漢なので分かりませんが、できればpipsmodeでもトレンドライン決済ができるよう要望します。ご検討ください。

  3. しんちゃん より:

    ラインモードの誤動作不明

    Myfxmarketでラインモードのクローズ機能を利用しようとすると、TLにTP/SLが移動しません。v1.31,1.37で起きます。ライン名を指定してもしなくても同様です。
    全く干渉しないチャートでやっても同じ現象が起きます。

    v1.26では正常機能します。

    他のブローカーでは上記はv1.31,1.37でも正常機能します。原因が全く不明です。

  4. しんちゃん より:

    XMでも動作確認しましたが、同様の現象でした。

  5. しんちゃん より:

    何回もすみません。
    原因がわかりました。

    UseAveragePriceがtrueになっていたためでした。
    お騒がせしました。

  6. しんちゃん より:

    やっと原因がわかりました。

    上記は間違いです。

    UseLineCloseModeをtrueにしている時に、VirtualLineNameを入れていると起きる現象でした。
    UseLineCloseModeがfalseの時は起きません。

    UseLineCloseModeをtrueにしている時は、VirtualLineNameを空白にしておく必要があるようです。

    もしこれが真の原因であれば、改善された方がいいと思います。
    ご確認ください。宜しくお願いします。

  7. ゲン より:

    購入させていただきました。
    とても使い勝手がよく重宝しています。

    一点、今後のバージョンアップに検討していただきたいのですが、ボタンのXY座標を大本以外相対座標にして頂く事はできませんでしょうか?
    位置の移動がずいぶん楽になるので。

    ぜひ、ご検討お願いします。

    • admin より:

      すみません‥。ボタン配置関連のプログラム指定を全部修正しないといけなくなるので、作業量的にちょっと厳しいです‥。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。