ScalTradeAssistPro Ver1.31 リリースのお知らせ

 

ScalTradeAssistPro

ScalTradeAssistPro Ver1.31 リリース

ライントレードで発注する際に使用するラインの名称を指定可能としました。

Buy Limit、Sell Limit、Buy Stop、Sell Stopでライン上に設置する際に「指定した文字列を含むライン」を対象にします。(文字列を指定しない場合には今までどおりすべてのラインを対象にします)

【追加パラメーター】

VirtualLineName(Stop/Limit):疑似指値/逆指値がLineModeのときに使用するラインの名前です。入力した文字を「含む」ラインを対象にします。空欄の場合にはすべてのラインが対象となります。既定値は空欄。ViurtualModeがLineModeのときのみ有効です。

最新版はショップにログイン後、マイページからダウンロードできます。

FX研究日記別館 -ショップ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. MAX より:

    こんにちは。

    これはとていい改善だと思います。

    ただし、ラインモードでは事前に引いた水平線やTLが干渉して使えません。
    できればピッピスモードでも上記の機能やTL決裁ができるようになるといいのですが。。。。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。