裁量トレード

   2014/06/24

テクニカル分析でもファンダメンタルズ分析でもなく、個人の裁量によってトレードする手法。

個人の「資質」や「能力」、あるいは「心理」がトレードに影響してくるため、安定したトレードは望めない。(一握りの天才的なトレーダーを除く)

裁量トレードで勝つと「すべて自分の力で勝ち取った」感があり、非常に嬉しい気分に浸ることができる。
しかし、「自分はトレードの才能があるのではないか?」といった驕り(幻想)から、自分の予想を信じすぎて損失を拡大する可能性を秘める危険なトレード手法。

「やってはいけない手法」とまでは言わないが、「自己過信」を排除するためにも必ずストップロスを設定し、損失の拡大を防ぐように心がける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。