【WildCatSniper】今週のトレードまとめ(3/27~3/31)【ZigzagBreakoutEA】

公開日:  最終更新日:2017/04/02

WildCatSniper

WildCatSniperの紹介は下記の記事です。

早朝の「戻りやすさ」を使った逆張りEA「WildCatSniper」【無料版あり】
WildCatSniperとは むかし流行った(日本時間)早朝の「取引量が少ない時間帯には、大きく動きにくい」という市場の特徴をエッジ(優...

ZigzagBreakoutEAは、下記の記事をご覧ください。

Icon_ZigZagBreakout_150x150当ブログ人気記事「zigzagブレイクアウト」のEA販売開始です!
zigzagブレイクアウトEAとは zigzagインジケーターの頂点を上に抜けた場合には「買い」、下に抜けた場合には「売り」を入れるロジッ...

WildCatSniper

FXCC社

FXCC XL口座での稼働結果です。

今週月曜日、大きな損失が発生しました。

その後は持ち直しましたが損失を補填するには至らず。

代わりにMaxSpreadを2.1に拡大したGBPUSDが順調に勝ってくれました。

Milton Markets社

ミルトンマーケッツのプレミアム口座の稼働結果です。

稼働しているのはGBPUSDとEURCADのみ。UTCOffsetは0です。

最近順調なEURCADに加えて、今週はGBPUSDが勝ってくれました。

FXCC同様、GBPUSDのMaxSpreadは2.1にしています。

Axiory社

Axioryのナノスプレッド口座の結果です。

FXCCほど大きな損にはなりませんでしたが、その後も停滞気味です。

なお、Axioryで稼働していたWildCatSniperが古いものであったことが発覚しています。

現在販売中の新しいものだと、Axioryではほとんどトレードしません‥。(スプレッドが広くなることが多いためだと思います)

古いバージョンは以下の場所に置きました。これに最新版の設定を適用すると公開しているものと同じになります。

WildCatSniper507.zip

長期のバックテストではあまりよくないので、ご利用の場合にはバックテストを実施して内容をよくご確認の上で(ご納得の上で)ご利用ください。

なお、新しく「トレード回数を増やしつつ」「成績はできるだけ下がらないように」バックテストした新しい設定を二種類準備しました。

これは昨日設定したので、来週から稼働予定です。問題なく動いて、現在公開中のものよりもフォワードで同等あるいは上回る成績になるようであればこちらをAxiory用として公開する予定です。(Axiory用として作りましたが、他でも使えるかもしれません。Axioryで良いようであれば他のブローカーにも適用してみたいです。)

TitanFX社

TitanFX Blade口座での稼働結果です。

完全に「いらない子」です(笑)

今週でTitanFXの検証を終了します‥。

新通貨ペア検証

FXCCのデモ口座で検証中の新通貨ペアの結果です。

相変わらずmyfxbookに結果が反映されないのでQuantAnalyzer4で分析しています。(myfxbookは諦めました)

稼働開始したばかりのときは負けも多かったのですが、今週は勝っています。勝ちまくっています・・・!(笑)

※履歴は長いので縮小しました。クリックすると大きい画像で見れます。

期待できる結果となっていますので、この中から特に良いものを選んでリアル口座で稼働させてみたいと思っています。

ちなみにAxioryのデモ口座では以下のようになっています。

CADCHFやEURCHFなどのスイスフランペアが強いようです。

全体で見るとほとんど利益になっていないのですが‥。

とりあえず、良い結果が出ている通貨ペアはこちらもリアル口座に移してみます。

WildCatSniperの今後の展開について

以前、値上げや本数を限定するというお話を書いたとおり、来週から値上げをします。

とりあえず今日か明日には値上げしますが、「値引き」という形で今の価格で販売予定です。

ただし、値引き販売本数は10本とさせてください。(売れ切れた時点で値引き販売は終了です)

最新版の公開が遅れていてすみません。新通貨ペアの検証が終わり次第、公開する予定です。

ZigzagBreakoutEA

Icon_ZigZagBreakout_150x150

TitanFX Blade口座での稼働結果になります。(EURUSDの1時間と15分で稼働しています)

+1.4pipsとなりました‥。

【雑記】とある販売業者の営業とのお話

ある販売業者(販売代行業者)の営業とお話しました。その方は「勝てるEAは販売しない方がいいですよ。」「デモで勝てるけどリアルでは勝てないとか、そろそろダメかなというようなのを売ると良いです」という話をしていました。

前者についてはちょっと同意していたりします。購入したお客様がハイレバで派手にトレードしてブローカーに出禁や対策されると私が困りますので‥。(私自身、このEAで利益を得ていますから使えなくなると本当に困ります‥)

当EAはストップが大きめになっているので、ストップロスになるとかなり大きな損失が発生します。それも考えてあまり無理なトレードをされないようお願い致します‥。

後者については難しい‥。読者様の「信頼」を破壊してまで「一時的な利益」を得ようとは思いません。

お客様に「買って良かった」と思っていただけるものを作って販売したいというのが私の思いです。

私は所詮「エンジニア」である‥ということでしょうか(苦笑)

 

以上、今週のトレード結果でした。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. たけのこ より:

    新通貨ペアのテストはどのような設定で行われていますか?

  2. 通りすがり より:

    こんにちは

    例えばブローカーがこのEAを使用禁止にしたら、EAの名前を変えて回避できないでしょうか?やはりそんな単純では無いんでしょうか?

    • emija より:

      通常のEAであれば回避できるかもしれません。(わかりませんが)
      しかし、WildCatSniperに限れば「稼働時間が限られている」ためその時間のスプレッドを(今以上に)大幅に広げるだけでほぼ無力化できます。
      (日本時間早朝のスプレッドを広げても、他の方への影響は少なく理由も付けやすいです。実際、日本のブローカーではスプレッドが広すぎて、まず利用不可能だと思います‥)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑