グリッド発注システム GridOrderCsv【MT4/MT5 両対応】

   2019/07/19

GridOrderCsvはMetaTrader4(MT4)またはMetaTrader5(MT5)で「グリッドトレード」を簡単に実行できるようにするシステムです。

GridOrderCsvには以下のような機能・特徴があります。

  • 条件を入力するだけで任意の指値・逆指値注文を任意の数だけ発注できます。
  • 条件に沿って注文を作成した後、手入力で修正してから発注することも可能です。
  • 作成した注文を保存し、Excelなどで修正・発注できます。
  • Excelなどで作成したCSVファイルを読み込み、一括発注することができます。
  • マジックナンバーを指定して発注できます。

条件を入力後、「生成」ボタンをクリックすると一覧表に発注が生成されます。
内容を確認・必要に 応じて修正後、「発注」ボタンをクリックするとMT4またはMT5に発注します。

GridOrderCsvの主な使い方

1.設定画面

最初に使用するMetaTraderを設定・認証します。登録できる講座数は最大で5口座です。
「別名」で使用する MetaTraderに名前を付けておきます。わかりやすい名称を付けてください。(ブローカー名などを含めると良いと思います。)

2.グリッド注文の生成と発注

設定が終わると「対象」に「別名」が表示されます。発注したいMetaTraderを指定してください。

「対象」を指定すると、そのブローカーで使用できる通貨ペアが取得されます。通貨ペアを指定します。

「方向」は買(Long)か売(Short)です。「買のみ」を指定すると「BUY LIMMIT(買いの指値)」と「BUY STOP(買いの逆指値」のみ生成します。「売のみ」であれば「SELL LIMMIT(売りの指値)」と「SELL LIMMIT(売りの逆指値)」のみです。

「両方」を指定すると売りと買いの両方を生成します。(この場合、「基準価格を中心に「本数」の半分ずつ「買」と「売」を生成します。

基準価格121.659円で10本、0.1円刻みに発注する例です。
基準価格よりも高い価格にBUY STOPを5本、低い価格にSELL STOPを5本生成します。

「係数」は「間隔」に乗算する値です。上記のように「等間隔で生成」する場合には1.0を入力します。価格が離れるたびに間隔を広げる場合には1.0より大きな数値を入力し、逆に価格が離れるたびに間隔を狭くする場合には1.0より小さな数値を入力してください。

少しずつ間隔が広がる例

係数を2.0にして生成

現在価格(121.655)から上下に5本ずつ、1本毎に2倍の間隔を空けて発注しました。

ストップ・ロスやテイクプロフィットを設定したい場合にはS/L(StopLoss)とT/P(TakeProfit)に「価格」を入力します。
例)EURJPYで0.1円のStopLossを設定したい場合にはS/Lに1.0と入力

3.注文の取り消し

注文に誤りがあった場合など、キャンセルしたい場合には「キャンセル発注」ボタンを押します。

生成した内容を「保存」ボタンで保存しておくと、後日キャンセルすることもできます。(「待機注文」のみキャンセルできます。指値・逆指値に指定した価格に到達し、実際に「買」や「売」の注文が実行されてしまった場合にはキャンセルできません。)

CSVファイルを作成して読み込ませる方法

グリッド発注システムではCSVファイルを生成、そのファイルを読み込ませることができます。

CSVの形式は以下のとおりです。

取引種別数量通貨ペア価格S/LT/Pコメント

独自の計算式などで価格幅を設定されている方は、グリッド発注システムでご希望の設定に近い注文を生成してから、「保存」ボタンでCSVファイルを保存し、そのファイルをExcelファイルで編集後、グリッド発注システムの「CSV読み込み」で読み込んで発注すると間違いが少ないかと思います。

CSVファイルの編集をしたいがMS Officeを持っていない‥という方は、無料のOfficeを使ってみてください。

Libre Office https://ja.libreoffice.org/

これ以外にもMicrosoftのOffice Onlineが無料で使えます。また、Googleにもスプレッドシートの操作が可能なGoogle Docsというアプリケーションも無料で使用できます。

詳細は私が昔書いた記事を御覧ください。

★無料でOfficeを使う方法
  https://emija.hatenablog.com/entry/2014/03/01/193852

ご購入方法

以下のサイト(私が運営しているショップ)にて販売中です。
価格は4,900円ですが、発売記念価格として期間限定で3,400円とさせていただいております。

グリッド発注システム GridOrderCsv

注意事項

当ツールを利用したことに関連して生ずる損害について、一切責任を負いません。(自己責任でお使いください)
ご購入者は個人使用・業務使用に関わらずご使用いただいてかまいません。
当ツールの加工・販売等は禁止といたします。

なお、ライセンスは1つのご注文につき5ライセンス(5口座まで)となっております。5口座までは同時に使用できます。それ以上必要な場合にはライセンスを削除するか、もう1つご購入ください。
※本製品はデモ口座も1ライセンス使用いたします。
※ 不要なライセンスは削除することができます。

開発後記

開発の発端となったのは「CSVファイルを読み込んで発注させるシステムは無いか」という問い合わせからでした。
これだけであれば「無料ツール」で公開することになるかと思ったのですが、もっと機能を強化して、さらにMetaTrader5にも対応することで有料ソフトとして販売することにしました。

MetaTrader5のプログラムは今回が初めてだったのですが、MetaTrader4のプログラムがそのまま使えるように開発し、保守作業を低減させました。(プログラムが異なると、2つとも修正と試験をすることになり、保守作業が2倍‥まではいかなくても1.5倍くらいにはなってしまいます。)

複雑な計算式を用いて発注する場合にCSVを編集することで対応することができるはず‥と思っていますが、もし対応できない、あるいは「これがあると指値・逆指値の生成がかなり楽になる」というようなご意見がございましたら、ご連絡ください。機能追加・改修の検討をさせていただきます。

本ツールが皆様のトレードのお役に立ちましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。